面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

MENU

【雑談・ゲーム】定番か、マイナーか、名作か。ハマった「スーパーファミコン」ソフトを紹介したい、話

f:id:dunbine6000:20210208155219j:plainf:id:dunbine6000:20210208155301j:plain

0.前置き

小生のハマったゲームソフトに
ついて紹介する記事の第二弾。
今回は「スーパーファミコン」の
ソフトについて、書いていきたい。
通称「スーファミ」は、
ファミコン」の後継機として
任天堂」より発売された。
もう30年も前のことだ。
そんな昔のゲームだって
今でも十分楽しめる。
今やっても十分ハマる。
そんな「ソフト」を紹介していきたい。

1.ゼロヨンチャンプRR

www.youtube.com
PCエンジン用ゲームソフト
「ゼロヨンチャンプ」のハードを
スーパーファミコン」に変えた続編。
いわゆる「レースゲーム」であるが、
直線しか走らないため、
ステアリング操作はない。
その代わり、ギアチェンジや
クラッチ操作が必要となるため、
操作は結構複雑。
そして車を買うお金を
貯めなきゃいけない。
貯める方法はアルバイト。
そのアルバイトがミニゲームとなる。
種類は豊富で、麻雀や警備(RPG)など、
それだけで十分楽しめ、本編は放っておける。
いろんな形で長く遊べる
そんな作品である。

2.ゼロヨンチャンプRRーZ

www.youtube.com
ゼロヨンチャンプRRの続編である。
前作でゼロヨンのチャンピオンと
なった主人公が、体たらくの果てに
ドン底まで落ちて、そこからまた
チャンピオンを目指していくという
ストーリーである。
車種やコースが前作よりも増え、
メインストーリーもボリュームアップ
しているが、何よりも特筆すべきなのは
やはりミニゲーム(アルバイト)。
「アレスト」など、種類も増え、
ますますメインそっちのけになるってのに、
それに輪をかけ警備(RPG)のボリューム
がエゲツないこと山の如し。
ある程度進めると、異世界に飛ばされて
メインストーリーに戻れなくなる。
もはやどっちがメインなのかわからない。
それほど長く楽しめる
車ゲームは数少ないだろう。

3.セプテントリオン

www.youtube.com
高波によって転覆した豪華客船から
脱出するというアクションアドベンチャー
ザックリとした感想になるけど、
とにかく激ムズ。
自分が生き残るだけでなく、
生存者を助け、誘導しなければ
ならないのだが、まったく
言うことを聞かない。
時間制限もあり、
時間の経過によって船の傾きが変化し、
行けるところと行けないところが出てくる。
主人公(仲間)は人間なのでとにかく脆い。
ちょっとした高いところから落ちても
平気で死ぬ。
そして何処へ向かったらいいのか
全然わからない。
そういう意味では実際の転覆事故並みに
パニックになることができるので、
相当リアリティを楽しめるであろう。

4.ツインビー レインボーベルアドベンチャー

www.youtube.com
ツインビー」といえばいわゆる
縦スクロール型シューティングゲーム
のイメージが強いと思うが、
この「ツインビー」は横スクロールで
かつアクションゲームである。
スーパーマリオワールド」の
キャラが「ツインビー」版と言えば
とてもわかりやすいだろう。
移動も通常は「歩き」であり、
「飛ぶ」ことはもちろんできるが、
飛行時間は短い。
隠し通路、隠しアイテム、隠し面が
たくさんあり、やり込み要素も充実。
終始POPでキラキラした雰囲気で、
気分が明るくなること請け合い。




5.海釣り名人 スズキ編

www.youtube.com
読んで字の如く「釣りゲー」である。
海の暴れん坊「スズキ」を釣ることが
主な目的であるが、他の色んな魚が釣れる。
しかし「スズキ」以外は「外道」扱い。
「タイ」だろうが「サラワ」だろうが
どんなに釣っても何の意味もない。
ただひたすらに「スズキ」を狙って
「スズキ」を釣ることだけが全て。
時間帯やポイントで「アタリ」の頻度が変化し、
朝方、テトラポットの周り以外だと
全く「アタリ」が来ないなど、
リアルな釣りを再現されており
かなりシビア。
1〜2時間何にもないことなど
ザラにある。
リアリティを求める人はぜひやって見て欲しい。

6.ウルトラマン

www.youtube.com
原作に忠実に、怪獣を戦う
ウルトラマン」を操作する
格ゲーに近いアクションゲーム。
とにかくムズい。
相手の体力を全部削っても、
フィニッシュの「スペシウム光線」を
決めないと倒せない。
しかしゲージが最大まで溜まっていないと
スペシウム光線」を繰り出せない、
という鬼畜仕様。
格ゲー要素もあるが、
二人での対戦プレイは出来ない。
ただひたすらに一人孤独に
激強な怪獣を倒していく、
というトラウマゲームでもある。

7.シルヴァサーガⅡ

www.youtube.com
なんの変哲もない「RPG」である。
変わった点はあるとすれば、
「神像」と「傭兵」という
複数パーティーを選択できる
ところだろうか。
「神像」は魔法特化、
「傭兵」は打撃特化という
特徴があり、「神像」に
至っては合体するなどで、
オリジナルの「神像」が作成できる。
それ以外は何の変哲もないRPG
だけどなんかハマる。
ストーリーも普通だけど、
何かわからないけど
淡々と、ボーッとできる。
是非とも試してみて欲しい。

8.終わりに

以前の記事でも触れたが、
今では「Nintendo Switch」で
Nintendo Switch Online」に加入すると
気軽に「ファミコン」「スーパーファミコン
のゲームが楽しめる.
タイトルも段々と増えてきており、
小生が紹介した作品も追加される日が
近いのではないか、そう思っている.
そんな日が来るのを待ち焦がれなら、
今日も小生はこの現代という荒波を
乗り越えていくんだ。


ファミコン」ソフトを紹介した記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他「ゲーム」の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【グルメ・からあげ】ポケットの中のからあげ戦争 『からやま』VS『から好し』 いよいよ決着か?の話

f:id:dunbine6000:20210221183149j:plain

1.前段

長らく沈黙を貫いてきたが、
実は小生のポケットの中では
この戦いは続いていた・・・

『からあげ戦争』

この「からあげ戦争」とは、
以前から小生が注目してきた
「からあげ専門店」の熾烈な争いなのである。

過去の「から好し」記事はこちら↓
www.bystonwell-blog.com


どっちの「からあげ」が美味しいのか。
そんなシンプルであるが、
永遠に決着がつかないであろうこの問題に、
目を背け続けてきたわけなのだが、
重い腰を上げ、今こそ白黒つけよう、と
なぜこのタイミングで?という問いには
明確な答えを出すことはできないが、
決意が漲ってきたわけなのであった。

そんなこんなで、まずは久々の「から好し」のレビューから。

2.「から好し」のレビュー

からあげ大好き小生は、
「からやま」ばっかりにお熱を上げて、
「から好し」の存在を無理やり消していた。
前回の比較は、ぶっちゃけ「からあげ」自体の差は少なく、
メニューの多さ、塩辛の有無、という
サブ項目で勝敗をつけてしまっていた。

そんなことではいかん、というわけで、
もう一度初心に帰り、「から好し」と正面から
ぶつかってみることにしたのだ。

f:id:dunbine6000:20210221184024j:plain
f:id:dunbine6000:20210221183827j:plain
f:id:dunbine6000:20210221183917j:plain
f:id:dunbine6000:20210221183949j:plain

久々に訪れた「から好し」は、
期間限定メニューが存在する、など、
メニューが充実していた。

しかし正面からぶつかると決めていた小生は、
定番の「から好し定食」を注文した。
それこそが「から好し」に対する誠意であろう。

f:id:dunbine6000:20210221195828j:plain

やってきました「から好し」定食。
まずビックリ。からあげデカい。
こんなデカかったかな。
シンプルな定食がゆえ、余計にデカさが際立つ。

そして食べる。

・・・これは御見逸れした。
感動するほど美味い。
なにこれ。肉汁が半端ない。
大きいだけじゃなく、質もしっかり保っている。
違う意味でこれはマズいなあ。
「からやま」贔屓していた今までの時間はなんだったのだ。
あの時感じた「から好し」はなんだったのだ。

これはヤミツキになりそう。
というか「から好し」以外のからあげを
認めなくなりそう。それは困るんだよなあ。

それぐらいに「から好し」のクオリティは凄かった。




3.「からやま」のレビュー

こうなると「からやま」は劣勢だな。
贔屓してきた罪悪感と、
「から好し」以上というハードルの高さで、
ほぼ負け確定しているような・・・。

そんな「消化試合」不穏な空気の中、
いざ「からやま」戦に臨むのであった・・・。

f:id:dunbine6000:20210221195853j:plain
f:id:dunbine6000:20210221195920j:plain
f:id:dunbine6000:20210221195945j:plain
f:id:dunbine6000:20210221200006j:plain
f:id:dunbine6000:20210221200027j:plain

しかしそこは腐っても「からやま」。
やはりメニューの充実さ、
そして今話題となっているお持ち帰りメニューもある。
f:id:dunbine6000:20210221213934j:plain
抜かりはない、という印象を受けた。

そして注文したメニューは・・・。
「生姜からあげ定食」。
やっぱり限定メニューに弱いよね。
でもオプションは「生姜」のみだから、
「からあげ」の味はしっかり感じることができる、
と勝手な判断の元、選択した。

f:id:dunbine6000:20210221204559j:plain

食卓に運ばれたものを見て、驚愕した。
こんなに「からあげ」ちっちゃかったっけ?
「から好し」の1/2なんじゃないかって
くらいちっちゃい印象を受けた。

味のほうはと言うと・・・。
「生姜からあげ」と言うだけあって、
「生姜」バッチリ効いている。
しかしそれに誤魔化されているのか、
肉汁の量は明らかに「から好し」より劣る。
美味しいのは美味しいのだよ。
でも「から好し」のそれと比べると、
差は明らかなのであった。

いつからだろう・・・。
「からやま」という亡霊に取り憑かれ、
自分を見失ってしまったのは・・・。

4.まとめ

というわけで、
「からやま」VS「から好し」の戦いは、
「から好し」の勝利で一旦幕を閉じた。
圧倒的な勝利だった。
しかし一番の敗者は
「から好し」の良さに気づけなかった
自分自身なのであろう。
今までの自分を呪うよ。
でも気づいた。
遅かったかもしれないが、
小生は気づいたのだ。
気づくと気づかないとじゃ
その差は歴然だ。

「から好し」は定番メニューしか
試していないので、
いろんなメニューをこれから堪能したい。
それはそれで楽しみなのである。

そして、これからの「からやま」の
追い上げにも期待している。
「からやま」はまだこんなもんじゃないはずだ。
まだまだポテンシャルは秘めているはずだ。
そう信じている。


その他の「からやま」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


【雑談・ゲーム】定番か、マイナーか、名作か。ハマった「ファミコン」ソフトを紹介したい、話

f:id:dunbine6000:20210131101017j:plain

0.前置き

時代が変わるたび、
いろんなものが進化していく。
便利な世の中になっていく。
ゲームも然り。
とうとう「PS5」も発売となり、
作品の質も更なる「リアル」を求め、
現実と仮想の区別が曖昧になってくる。

ゲーム業界は進化を繰り返し、
そしてユーザーもそれに必死に追いつく。
ゲーム性も複雑怪奇化し、
置いてけぼり感は否めない。

こんな時代だからこそ、
原点に帰り、「ファミコン」の
ゲームの「面白さ」を伝えたい。
今だって遜色なく楽しめるゲームは
たくさんある。
さあ、今こそ見せつけてやるのだ。
ファミコン」ソフトの素晴らしさを。

1.ベースボールスター めざせ三冠王

www.youtube.com
SNK 1989年発売
いわゆる野球ゲームではあるのだが、
今は当たり前となってるが、
当時としては珍しい、
「選手を育成できる」要素があるのが
とても素晴らしい。

しかも選手一人ひとりで
パラメーターの限界値が違っていて、
チームに個性が出せるのもいい。

小生流のこのゲームの楽しみ方は、
強くしたチームをリーグ戦に参加させ、
自分のチームも含め、
全てCOM同士で対戦させて、
成績を見ることだ。
意外な試合結果や選手成績が出て、
とても面白い。
(そもそも野球ゲームをプレイするのが
 苦手だという理由もある)

小生的にはこのゲームが今の野球ゲーム
パワプロ」のなどの「走り」となっているのでは、
と考えている。

2.レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

www.youtube.com
コナミ 1989年発売
基本は自分のミニ四駆を強化させ、
レースで勝つことが目的であるが、
双六(すごろく)任せで全てが決まる、
という面がこのゲームの醍醐味である。

お金を手に入れるのも、
パーツを買うのも、
全て出た次第。
レースの日は決まっていて、
それまでにどれだけミニ四駆
強化できるかが決め手になるのだが、
それもこれも全てはすごろく次第。
つまり運任せなのである。
(目押しできるらしいのだが、
 小生は無理でした。)

すごろくパートは直接ミニ四駆
関係ないイベントも多く、
小生的にはレースパートがなくても
十分楽しめる出来となっている。

3.たけしの戦国風雲児

www.youtube.com
タイトー  1988年発売
これまた双六(すごろく)ゲーム。
「日本縦断ゲーム」、「仕官ゲーム」、
「御前試合」、「大名ゲーム」、
「統一ゲーム」、「商人ゲーム」
などたくさんのモードがあり、
意外と飽きずに楽しめるのだが、
とにかく激ムズ。

さすが「たけし」のゲームである。
剣術試合がメインで、
いい「刀」を手に入れることが
重要なのだが、
一番強いであろう刀、
「ぞーりんげん」で戦うと、
なぜか勝てない。
そして剣術試合なのに
ジャンケンで勝負する場合もあり、
むしろジャンケンで勝つ、
というのが必勝法にも思えてくる。

「たけし」のゲームらしい要素もたくさんあり、
「うんこカレー」や「茶屋の‘娘に抱きつく」
などのメチャクチャなイベントがあり、
クリア出来なくても、十分楽しかった記憶がある。

また、「ゴルフ」や「インベーダー」などの
ミニゲームも豊富であり、
ボリューム的にもとても満足できる作品である。

4.がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル

www.youtube.com 
コナミ 1990年発売
アクションゲームの金字塔「がんばれゴエモン」を
大胆にもRPGにしたゲームの第一弾。

中身は何てことないRPGであるのだが、
シナリオやBGMなど、作り込みが素晴らしく、
とても完成度が高い、と小生は思う。

そして一番の特徴は
とにかく激ムズ。
新たなエリアに行った時の
雑魚の強さといったら半端じゃない。
ちょっとやそっとのレベル上げじゃ
とてもじゃないけど進めない。

ダンジョンでも、ボスに辿り着くまでの
道のりも鬼畜で、やっとのことで
ボス戦を迎えるのだが、
そのボスの強さに愕然とする。
全滅を繰り返し、二度とやるか、
と一瞬思うのだが、なぜが再チャレンジを
試みてしまうのである。

最後にもう一つ難易度が高い要素として、
すぐ「データ」が消える、という面がある。
(これは小生のゲーム環境に問題があるのかもしれない)

5.がんばれゴエモン外伝2〜天下の財宝〜

www.youtube.com
コナミ 1992年発売
アクションゲームの金字塔「がんばれゴエモン」を
大胆にもRPGにしたゲームの第二弾。

コチラは第一弾とは違い、難易度はやさしめ。
とはいえこれまた細かく作り込まれており、
完成度は十分。
攻略本がないと進めない、かもしれない。

ネーミングセンスも良くて、
「バーベルの塔」などは秀逸。
乗り物が「ツインビー」など、
コナミ」ならではのお遊びもいい。

前作で仲間だった「コバンネコ」と『ヤエちゃん」はOUT。
「コリュウタ」と「ハヅキ」がIN。そしてこの二人が強い。
主人公である「ゴエモン」が一番弱い。
そんな悲しい仕様となってしまった。




6.ダックテイルズ2

www.youtube.com
カプコン 1993年発売
ディズニーの作品「ダックテイルズ」
をモチーフにしたアクションゲーム。
各面で「宝」を集めて、
その価値(金額に換算する)で
最終的なクリア金額に達する
ことが目的(確かそうだっと思う)。

ゲーム性は普通のアクションゲーム。
「敵」もいるし、穴に落ちたらダメだし。
ちょっとだけアドベンチャー要素があるぐらいか。

どこが「面白さ」なのか、と問われたら、
ぐうの音も出ないが、
なんかやっちゃうんだよね。

隠し通路などが多くて、
難易度もクソむずだし、
クリアしたこともないけど、
それでも挑戦し続けていた。

今やったら「ノスタルジック」で
「センチメンタル」な気分となり、
涙がちょちょ切れること請け合いだ。

ちなみに1作目は「わんぱくダック夢冒険」
という名前らしい。やったことないけど、
ゲーム性はほぼ同じ、らしい。

7.天地を喰らうII 諸葛孔明

www.youtube.com
三国志」を題材にした本宮ひろ志の作品(漫画)
天地を喰らう」をモチーフにしたRPG作品の第二弾。
この作品については以前も記事にしたが、
兎にも角にもBGMが最高。
それだけでやる価値がある。

以前の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

ゲーム性については、
ちょっと特殊で、
各武将の兵士の「数」が
「HP」代わりとなるのだが、
「攻撃力」も併用となっており、
兵士の数が減ると
「HP」にも「攻撃力」にも影響が出る、
という鬼畜仕様。

それでも難易度は特別高いとは思わない。
普通にやれば普通にクリアできる。
そして三国志の武将の名前も覚えられる。
一石二鳥のゲームと言えるだろう。

8.最後に

というわけで、まだまだ紹介しきれないほど
名作揃いの「ファミコン」ソフト達はあり、
今でも十分楽しめる。
今のゲームを否定するわけではないが、
ゲーム性や操作性がどんどん複雑で、
頭空っぽじゃ出来ないのがほとんどだ。

かくいう「ファミコン」はというと、
何も考えずに軽い気持ちで出来るのがほとんど。

ストレス解消としてゲームするには、
ファミコン」ソフトは最も適している、
ような気がする。
今では「Nintendo Switch」でも
簡単に「ファミコン」ソフト作品が
遊べるので、とてもいい時代となった。

結論、進化することはとてもいいことなのだ。



その他の「雑談」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「ゲーム」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【ミスチル・新アルバム】「Mr.children」がとにかく好きなんだ 『SOUNDTRACKS』編の話

f:id:dunbine6000:20210104200601j:plain

前置き

年末はこのアルバムのプロモーションで
TVに出まくった「Mr.Children
ほぼすべての局(といっても過言ではない)
のタイアップ曲が網羅された
このアルバム。つまり既出曲ばっかなのである。
そしてそれはアルバム『シフクノオト』の
デジャブだと感じたのは小生だけではないだろう。
(『シフクノオト』はいいアルバムだけどね)
しかも全10曲ときたもんだ。
あんまり期待できないかも・・・。
と一抹の不安を抱えつつ・・・。
そんな最新アルバム『SOUNDTRACKS』の
レビューをしていきたいと思う。
いまさらなんて言わないで。遅くなってすみません。

まずはアルバム全体について。
『SOUNDTRACKS』は、
2020年12月2日にリリースされた
Mr.Children」の20枚目のオリジナルアルバム。
ロンドンとロサンゼルス(つまり海外)で
レコーディングしたことをやたら強調してくる。
確かに全体的に良くも悪くもアレンジが
いつもと違う感じはする。
これが新しい「Mr.Children」の音だ、
と言われたらそれはそれで納得する。

というわけで、ここからは全曲レビュー。
あまり細かくやらないので悪しからず。

www.youtube.com
www.youtube.com

1.『DANCING SHOES』

まずは1曲目「DANCING SHOES」。
この曲は、まさに「Mr.Children」のアルバム1曲目
といった仕上がりだと思う。
イントロからAメロBメロにかけて、
ダークな曲調で進行するあたり、
アルバム『DISCOVERY』の「DISCOVERY」、
『Q』の「その向こうへ行こう」、
『シフクノオト』の「言わせてみてぇもんだ」や
『SENSE』の「I」などを
彷彿させるさせるなあ、って途中までは思っていたが、
サビからとてもポップな曲調に変わる。
サビを聴いてからの印象は、
『Q』の「CENTER OF UNIVERSE」や
SUPERMARKET FANTASY』の
「終末のコンフィデンスソング」
に然も似たり、といった感じか。
まあ無理やり似ている曲を
書き出してみた感は否めないけど・・・。
兎にも角にも盛り上がるアゲアゲアッパーチューン。
そしてさらに歌詞については、
桜井節全開の韻踏みの嵐。
この曲こそ、「Mr.Children」の
王道なのではないか。
そう感じた。結構好き。

2.『Brand new planet』

続いて2曲目「Brand new planet」
フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』主題歌。
この曲は言わずもがな
(って過去記事で感想言っちゃってるけど)、
良曲中の良曲。歴代のランキングにインするくらいだ。
というわけで、過去の記事をご参照ください。

『Brand new planet』の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

www.youtube.com

3.『turn over?』

続いて3曲目は「turn over?」。
TBS系ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』主題歌
この曲は、主題歌となっていたドラマを
見ていたせいか(ドラマ批判みたく聞こえちゃうけど)
あんまりパっとしない印象だった。
あのドラマにはこの曲は合わないと思う。
さらに、終始淡々と曲が進行していく印象を受けて、
そういう曲は小生的にはあまりお好みではない。
曲調は全然違うが、
アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の
「ファスナー」や
『HOME』の「SUNRISE」みたいな感じ。
個人的なイメージです。
(「SUNRISE」はライブでかなり化けて、
もう淡々曲のイメージないけどね)
曲調的には尖ってない「旅人」。
ってな例えどう?わかってくれるかな。
でも、アルバムの中の一曲として聴くと、
なんかいいかも、ってなる。
スパイス的な存在となっている。
曲調的にライブ化けはあまり期待できないけど、
ライブでやったら印象は
また変わってくるんだろうな。

www.youtube.com

4.『君と重ねたモノローグ』

続いて4曲目「君と重ねたモノローグ」
映画『ドラえもん のび太の新恐竜』
の主題歌となっている。
いわゆるバラード調ではあるが、
アウトロが狂っている(いい意味で)。
そのせい(おかげ)でオーラでいうと
特質系の分類になるのだろうが、
アウトロを除くと、あまり特徴がなくなってしまう。
全体的にダレた印象を受けてしまった。
しかしながら、この曲を
ドラえもん」の主題歌にもってくるあたりは
さすが、といったところか。
そしてアウトロのせい(おかげ)で
歴代でも最長時間の曲となっているみたい。

www.youtube.com

5.『losstime』

続いて5曲目は「losstime」。
この曲は箸休め的な曲なんでしょうか。
どういった意図があってのことなんでしょうか。
さっぱりわからんが、
このアルバムのテーマであろう
「生と死」に関連する、ということは
歌詞から察することができる。
曲調的にはアルバム『REFLECTION{Naked}』の
「街の風景」の前半部分、
といった感じだろうか(あくまで曲調の話です)。
うーん。感想含め、諸々なんとも言い難い曲である。




6.『Documentary film』

この曲はこれまたアルバム発売前から
公開された形となった。
そして今回のアルバムのリード曲だと思われる。
各局の歌番組でほぼほぼ歌ってたしね。
意味深なタイトルを持ってくるなあ、
と最初知ったときは思ってたんだよね。
しかも曲の雰囲気も想像しにくい。
とはいえ、ある程度は予想していたが、
曲調は予想のナナメ上だった。
そして初聴きの際「Brand new planet」
ほどの衝撃は感じなかったのだが、
さすがは「Mr.chileren」。
スルメのように噛めば噛むほど、
ボディブローのようにジワジワと、
気が付けばヘビロテしております。

ギターソロも『重力と呼吸』の
「here comes my love」のような
桜井さんのギュインギュインいわせた
ソロのほうが合うのにな、
とか最初思ってたけど、
今となってはあのシンプルで多くを語らない
田原さんのソロじゃないとありえない!
という風に心変わりしております。

「Mr.chileren」お得意の
ミディアムバラードではあるのだが、
アレンジはいつもと感じと違うような。
ロンドンでレコーディングした影響なのか、
終始ダークな雰囲気を纏わせ、
ちっとも救われない気持ちになる。
でもそういう曲好きなんだよね。

1つ文句があるとすると、
「MV」はなんだかなあ、って思っちゃった。
曲にまつわる物語、
みたいな「MV」はこの曲には要らない。
個人的にはそう感じた。

www.youtube.com
www.youtube.com

7.『Birthday』

続いて7曲目は「Birthday」。
映画『ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌。
これまた「ドラえもん」の映画には
いい意味で相応しくない一曲である。
とはいえ、「毎日が誰かのバースデイ」
の歌詞(竹内まりあ的な)にあるように、
また、アレンジもアップテンポで疾走感を
感じられるものから、ある程度映画に
寄り添っているのも感じられる。
歌詞の内容は
アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』
の「蘇生」のような、
曲調的には同じく
『IT'S A WONDERFUL WORLD』の
youthful days」のような、
ざっくり言うとそんな印象を受けるが、
何よりも、やっぱりアレンジが
今までの「Mr.Children」にはなかった
ものではないだろうか。
この曲が一番顕著にそれが出ている。
そう感じた。
それが良いか悪いかは別の話だけど。

www.youtube.com

8.『others』

続いて8曲目は「others」。
キリンビール麒麟特製ストロング」
のCMソングである。
この曲はアルバムの中でも割と早く
メディアに流れていたのではないだろうか。
もう遥か昔から聴いていた錯覚に陥る。
それゆえ、フルで初めて聴いたときも
新鮮さはまるでなかった。
それが既出曲の怖いところだよね。

とはいえ、この曲はいわゆる
「浮気」の曲であるのだけれど、
やっぱり表現の仕方が他と
一線を画しているよね。
そこはさすが、としか言いようがない。

かなり無理があるけど、強いて言うなら
アルバム「Q」の「つよがり」みたいな?
雰囲気?イメージ?違うか?

www.youtube.com

9.『The song of praise』

日本テレビ系列朝情報番組『ZIP!』2代目テーマソング。
こちらもかなり早くからの既出曲。
だもんでフルで聴いても全然グッと来ない。
聴き飽きた感が出ちゃうなあ。
そしてオーオーコーラス好きだなあ今回。
「Birthday」でもやってるし。
2曲は要らなかったんじゃないかな。

これまた難しいけど、例えるならー
あー全然違うって声が聞こえそうだけどー
アルバム『[(an imitation) blood orange]』のー
「End of the day」って感じかなー。
ちょっと苦しいなー。

10.『memories』

最後の曲は「memories」。
伴奏はピアノとストリングスだけで構成されており、
(つまりバンドサウンドではない)
アルバム「Q」でいう
「安らげる場所で」的な立ち位置か。
初聴時は「ん?」って感じだったけど、
YouTubeで期間限定で公開された
セッション映像では、
「固く目を瞑って〜」からの歌い方を
オリジナルとは変えてきて、
それがもう圧巻だった。
桜井さんの歌唱力に脱帽ですわ。
その動画を見てからこの曲の
イメージがガラリと変わった。
さらにその時は久々の「コバタケ」氏
とのセッションだったため、
ミスチルの曲をセッションするのはいつぶりだろうか)
テンション爆上がりとなった動画であった。
(期間限定のため、今は閲覧不可)
オリジナルもこの歌い方にすればよかったのに、
と最終的には不満が出る結果となった。

セッション動画、再UPしてくんないかなあ。

まとめ

お気づきの方も多いと思うが、
敢えて過去曲を用いたレビューにしてみた。
ピンと来た方も、そうでない方も、
そして文句を言いたいいらっしゃると
思うが、そこはご愛敬ということで。
全10曲と前作に引き続き少ない曲数と、
既出曲が多いという
「マイナスからのスタート」だった
このアルバムだが、
最終的には「割といいアルバムじゃん」
という結論に至った。
無駄なものを削ぎ落とした
新しいアレンジなど、
「挑戦」や「進化」をこの
アルバムから感じた。
そんな小生の思いとは裏腹に、
「これ以上の作品を作れる気がしない」
という事実上の引退宣言をしている
桜井さんではあるが、
似たようなフレーズは
過去にも発言しているので
あまり気にはしていない。
雑誌のインタビューでも
新しい曲を手掛けている
ような話もしてたし、
引退はもうちょっと先じゃないかな。

最後に、小生は予言する。
次回作は「コバタケ」氏とのタッグを
復活させる、ような気がする。
一、二曲ぐらい。
なんだかんだ「コバタケ」氏のアレンジは
良かったからね。


その他の「Mr.children」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「音楽記事」はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【雑談】「良い本」と「悪い本」の判別方法ってある?の話

f:id:dunbine6000:20201114201148j:plain

1.前置き

小生は最近「Kindle」を導入した。
それにより「本を読む」という行為が捗る。
今までなんで導入してこなかったのか、
とても悔やまれる。
そういった事情もあり、本を読む、
という行為が増え、
短期間に15冊以上読破してきた。
(身になっているかどうかはさておき)
ただ、同じジャンルでもどの本を
読めば一番いいのか。
最も役に立つ、効率がいい本はどれなのか、
という悩みがあった。
一番売れている本を選ぶ。
一番評価が高いのを選ぶ。
それが正攻法だとは思うのだが、
なんだかんだ検索するのはめんどくさい。
それで小生は「Kindle unlimited」
に加入し、片っ端から読む、
という力業に出た。
そこで片っ端から読んだ結果、
発見したことがある。
それが今回の「良い本と悪い本」
を判別する方法、というテーマに
繋がるわけなのだ。
ということで、以下、
小生が出した結論について
説明していこうと思う。

2.判別方法は必要ない?

結論から言うと、
「良い本と悪い本を判別する方法」
は『ない』。
そんな元も子もない、
という反論が出るだろう。
わかります。なので、
もう少し言うと『必要ない』
といったほうが正確である。
要するに『良い本と悪い本を判別する方法』
は『必要ない』というのが
小生が独自に出した最終結論である。
そして、遅ればせながらお断りをすると、
ここでいう「本」というのは
いわゆる「ハウツー本」や
自己啓発本」の類である。
「小説」などの本は該当しない。
それではなぜ『必要ない」
という結論に至ったのか、説明しようと思う。

3。同ジャンルの「本」の基は同じ「本」?

小生はまず、同じジャンルの本を
5冊以上読むことを、約3ジャンル分
にわたり実行した。
その結果、読んだ本の内容は
ほぼ同じであることが分かった。
「あれしなさい」「これしなさい」
というその「あれ」や「これ」が
体感で80%近く重複していた、
ということである。
ではなぜそういう事態に陥るのか。
ここからは小生の推察になる。

まず、本を出す予定である筆者は
「こういうテーマで本を出版したい」
と考える。
「テーマ」はおそらく作者が
今まで実績として積んできたもの、
実体験を通して功績や
少なからず成果がでているもの、
そして研究や勉強してきたものだろう。
そうじゃないと「こういう」本を出したい、
なんてまず考えない。
自分から遠く離れた事項を
テーマとして本を出す人なんて、酔狂人だ。

と、いうわけで筆者は自分が経験してきた、
もしくは研究してきたテーマについて、
読んでもらった人に「こうしたらうまくいく」、
という「ハウツー本」を出版する。
ただ、「こうしたらうまくいく」の「こうしたら」は、
決して筆者の「オリジナル」ではない。
(ここでいう「オリジナル」は、
筆者が頭から生み出したものではない、という意味)
筆者もまた、誰かの「本」や「論文」などを読み、
自分なりに研究し、それを実践してきたはず。
その「本」から得たものをベースに自身の
「本」を書いているといっても過言ではない。
そしてその誰かの「本」はそんじょそこらの
ペーペーが出した「本」であるわけもなく、
その業界では名高い人の
そして特別影響を及ぼしている「本」であるはず。
であるから、その同じ「テーマ」を
とことん研究や経験、実践してきた違う人達もまた、
その業界で名高い人の影響力のある
「本」を読んでいる、ということとなる。
で、時を同じくして、また違う筆者が
同じ「テーマ」で本を出版することになれば、
同じ「本」がベースになっているので、
内容が酷似するのは当たり前なのである。




4.同じ内容の「本」ができるカラク

わかりやすく例えて説明すると
(例え説明がヘタかもしれんのであしからず)、
「ゴルフ」の「ハウツー本」で
「ドライバーで400ヤード飛ばす5つの法則」
という内容の本が5冊あるとする。
(ちなみに小生はゴルフは
もっぱら打ちっぱなしをやる程度、
グリーンにも2回しか出たことがない)
その5冊を比べると、
5つの法則のうち、3〜4の法則は重複している。
それは5冊の筆者全員が影響を受けた「本」があり、
その「本」はひと昔前にベストセラーになった
ドライバーでより飛距離を出すための
「ハウツー本」であった、という話である。

ということから、同じ「テーマ」で作られた
違う二つの「ハウツー本」は期せずして
内容がほとんど同じとなる。
そしてどちらがベストセラーになったとしても、
内容はほぼ同じなので、
また次世代に同様のことが繰り返され、
次世代でも同じジャンルで同じ内容の
「ハウツー本」ができる、
というカラクリなのであった。
(あくまで推察なのだが)
こう説明すると、とても単純で、
本当にそうなのか、
と疑う気持ちがでてくるだろう。
でも自分でいうのもなんだが、
この推察はあながちそんなに間違っていないだろう、
と考えている(根拠のない自信)。
根拠はないとはいえ、
とある「本」では「本」を出版する時は
同ジャンルの本を5冊以上読め、
そしたら同じ「見出し」があるから
それを参考にしろ、とアドバイスしており、
そこからも、この推察があながち間違い
ではないことが窺えた。

また、「本」の内容が実際に同じである、
と判断するにはペラペラーっと
読んだだけではわからない。
深く読み込まなくては判断できない。
だから内容がほぼ同じの本、だとなかなか
判断されにいくところもあるのだと思う。

5.同じ内容の「本」があることは悪いことではない?

小生は「ほぼ同じ内容の本」が
あることが「悪い」ことだとは思わない。
同じ内容の本が5冊あるのだとすれば、
その内容はより信憑性のあるもの
だと考えることができる。
だって「本」を出すくらいなのだから、
その道におそらくかなり
精通しているであろう筆者達が、
揃いも揃って同じことを
「やれ」とアドバイスしてくれてるのだから、
それはもう間違いなく効果、成果が出るもの、
と捉えることに何の疑いもない。

6.狙い目の「本」はある?

とはいえ、筆者の生い立ちや
経験談やエピソードにより、
差別化はされており、
むしろそこが重要なんだ、
という人もいるかと思う。
そういった意味では丸々中身が一緒、
というわけではない。
また、発行日が新しければ新しいほど、
内容より洗練され、
より時代に即したものであることは
明白であろう。
そして、今や誰でも「本」が出版できる時代。
有名人やその業界で実績がある人じゃなくても
バンバン本を出版しているのも事実。
では、その人達の「本」は「悪い本」なのか。
いや、そうではない。
その人達の「本」もまた、
そのジャンルの有名な「本」を
参考にしているため、
結局は似通った内容になっている。
しかも割とまとまっていたり、
ページ数が少ないので安かったりする。
要するに狙い目なのである。
信じるかどうかはそれぞれの判断にお任せする。

7.まとめ

「本」を読むことは昔から良いこと
だと推奨されているが、
「本」を読むだけではその効果は発揮しない。
「インプット」したら「アウトプット」すること。
当たり前だがそれで「本」を読んだことが
「良いこと」となるわけなのである。
つまり、「良い本」か「悪い本」にするかは
「アナタ」次第なのである。
こんなまとめ方でどうかしら。


その他の「雑談」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【グルメ】「からやま」で新メニューの「豚キムチからあげ定食」他、を食らってみたの話

f:id:dunbine6000:20201103200952p:plain

からやま放浪記第8弾。
今回は溜まりに溜まった新メニューとの
戦いの記録を一挙にご紹介したいと思う。

1.ねぎ塩レモンからあげ定食

f:id:dunbine6000:20201103200736j:plain
f:id:dunbine6000:20201103200643j:plain
まずは「ねぎ塩レモンからあげ定食」。
ベースは「からやま」得意の「ささみからあげ」である。
「ねぎ塩」ってのは万能である。
自身で作ったこともあり、
焼いた豚バラに乗せて食べるだけで旨い。
そんな「ねぎ塩」が「からあげ」に
乗っているんだから旨いに決まっている。
そしてレモンの風味で「さっぱりさ」も
加わり、さらに食べやすい。
この組み合わせは間違いないのである。

2.極・黒胡椒からあげ定食

f:id:dunbine6000:20201103204055j:plain
f:id:dunbine6000:20201103204000j:plain
次に「極・黒胡椒からあげ定食」。
「黒胡椒」は焼いた肉にピッタリだ。
そんな「黒胡椒」を「からあげ」と
合わせるとは、と言いたいところだが、
「からあげ」にコショウを掛けるなんて
特に目新しさはない。
「黒胡椒」と言っても所詮は「コショウ」。
同じ「コショウ」の仲間。
なので過度な期待は禁物。
そう思っていた。
しかしやはりそこは「からやま」。
ナナメ上を越してきた。
「黒胡椒」が加わることで、
本来の「からあげ」の味が
さらに引き立っている。
「からやま」はそこを狙っていたのか。
そう考えると新メニューは
緻密な計算の基、開発されているのだな。
当たり前なんだろうけど。
兎にも角にも美味かった。
またメニューとして出して欲しいよ。




3.赤カリ定食

f:id:dunbine6000:20201103204218j:plain
f:id:dunbine6000:20201103204303j:plain
次は「赤カリ定食」。
辛くするの好きだな「からやま」は。
「赤カリ定食」の辛さは「唐辛子」の辛さ
なのであろう。まあ辛い。
辛いのは嫌いじゃないのだが、
ちょっと辛すぎる。
定番メニューの「赤辛定食」は
これもものすごく辛くて尋常じゃない汗が
出るのだが、これは好きだ。
フライドポテトがついてきて、
「辛さ」を「旨さ」に変えてくれる。
しかし「赤カリ定食」はただただ辛い。
「からあげ」の良さを半減しているように感じる。
だから「辛さ」を担当するのは「赤辛定食」
だけでいいよ。アレを超えられないよ。
「からあげ」プラス「辛さ」プラス
「ポテト」は最強なのだ。

4.豚キムチからあげ定食

f:id:dunbine6000:20201103204351j:plain
f:id:dunbine6000:20201103204413j:plain
最後は「豚キムチからあげ定食」。
これに至ってはもう鶏じゃない。
もうなんだかわからない。
豚肉をミルフィーユ状に重ね、
肉自体に豚キムチの味付けがしてあり、
そして焼肉だれ仕立てのソースが掛かっている。
美味しいよ。美味しいんだけど、
からあげ要素どこ言ったのよ。
「からあげ」が食べたいんですよ。
だから合盛り頼んじゃってる。
なんか新メニューに行き詰まってるのかな。
確かに毎月新メニューだすのしんどいよね。
でも待っているよ。
「からあげ」の新メニューが出るの待ってるよ。

その他の「からやま」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


【ミスチル・新曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ 『Brand new planet』編の話

f:id:dunbine6000:20201031153844j:plain

1.前置き

「Birthday」や「turn over?」など、
最近頻繁に新曲を披露する場を増やしている
我らが「Mr.children」。
そしてとうとう12月2日にNew Album
「SOUNDTRACKS」の発売も決定した。
Mr.children」の精力的な活動を
本来なら喜ぶところであろう。

ところが、小生はなんだかモヤモヤしていた。
「Birthday」や「turn over?」もいい曲ではある。
最初は微妙だと思っていたが、聴けば聴くほど
馴染んできていた。これが新しい「Mr.children
の「サウンド」なのだと納得していた。
でもなんだか心のワクワクやドキドキを感じない。
これも歳を取ったせいなのか、とも思った。
とりあえずアルバムが出るんだし、それを
なんとなく楽しみに生きていくか、くらいの気持ちだった。

2.新曲『Brand new planet』

そんな最中、さらに新曲『Brand new planet』が
ドラマの主題歌になる、という情報を聞き付け、
そして、ドラマの予告で新曲が少し流れているのを
聴いたのだった。
www.youtube.com
これが衝撃的だった。というか待ち望んでいたものだった。
こんなおそらくサビの部分であろうちょっとしか
流れていないのを聴いただけでこれはもう間違いない、
という思いを抱いたのは久方ぶりであろう。

そしてさらに衝撃的だったのは、
ドラマ終了後、即YouTubeでフルMVが
配信されたという事実。
www.youtube.com

3.この曲、良曲。

きました。
コレキチャイマシタ。
イントロからAメロから
骨の髄までもう良曲きました。

メロディからアレンジから曲の構成まで
もう名曲のそれでした。

まず、良い曲の条件として、
思わす歌いたくなってしまうことが挙げられる。
口ずさみたいとかいうレベルじゃなくて、
もう本意気で歌いたいレベルなのだ。
それがまず一つの条件だ。
この曲はそう思わせる何かを持っている。
心を突き動かす何かがあるのだ。
それが名曲の名曲たる所以なのだ。

ちょっと抽象的な表現ばかりで
何も伝わらないかもしれないが、
それぐらい小生は興奮しているということだ。
その興奮具合は伝わったかと思う。




4.歌詞について

もう何度もリピートしているので、
それとなくこの曲を解説してみようと思う。
まずは歌詞。
親切なことに歌詞も全て公開してくれている。
歌詞は以下。

立ち止まったら そこで何か
終わってしまうって走り続けた
でも歩道橋の上 きらめく星々は
宇宙の大きさでそれを笑っていた


静かに葬ろうとした
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ


ねぇ 見えるかな?
点滅してる灯りは離陸する飛行機
いろんな人の命を乗せて
夢を乗せて 明日を乗せて


「遠い町で暮らしたら
違う僕に会えるかな?」
頭を掠める現実逃避
さぁ 叫べ Les Paulよ
いじけた思考を砕け
新しい「欲しい」まで もうすぐ


さようならを告げる詩
この世に捧げながら
絡みつく憂鬱にキスをしよう
何処かできっと待ってる
その惑星(ほし)が僕を待ってる


この手で飼い殺した
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ
新しい「欲しい」まで もうすぐ

歌詞の全体的な感想としては・・・。
ちょっと理解できない、という印象。

『可能星』とか『新しい「欲しい」(=星)』
とか、これまでやってこなかった
作詞の仕方をしているなあ、と思った。
これはある意味新たな挑戦をしているんだな、
という風に捉えることができた。
ただ、どういう意味かはまだ理解できていない。

そんな中でも桜井節は顕在で、
「静かに葬ろうとした 憧れを解放したい」
「この手で飼い殺した 憧れを解放したい」
この言い回しと韻の踏み方、もう最高。
これだけで歌詞の評価はもう満点だ。

5.アレンジについて
イントロはとてもシンプル。
鍵盤のコードから始まり、
すぐにAメロに入る。
リズムは最初は打ち込みだが、
サビに入る直前に生ドラムに切り替わる。
そこのスネアがもう最高。
まさに「JEN」のドラムの真骨頂といった感じだ。
そして2番に入るとリズムパターンが変わり、
リズム隊の独壇場となる。
やっぱり「JEN」のドラムは心地いい。
そして「ナカケー」のベースラインも、
決して前に出ることはないのだが、
とても耳に残る。
最後に「田原さん」のギター。
これまた「田原さん」の真骨頂で
トレモロ気味の音色で、淡々とアルペジオを奏でる。
そして「ソロ」はこれまた得意の「ボトルネック」。
これだけ聴くとTHE 「Mr.children」といった印象を
受けるかもしれないが、なんだか新しいサウンド
これが今の 「Mr.children」なのだ。

6.やっぱり歌メロ

この曲が名曲たる所以は、
何度もいうがやっぱり歌メロなのだ。
歌いたくなくメロディ。
こういうのを待ってたんだよね。
Aメロからもうワクワクドキドキする。
そしてサビ。
突き抜けるほどの高音。
気持ちいいほどの高音。
やっぱり桜井さんは歌うまい。
そしてラスサビで転調。
バラードではないのにすげえ涙出そう。
すごく心を打たれる。
理解できないけど何だか感動してしまう。
スガシカオ氏が「しるし」の感想を
言っていた時と同じ状況だ。

7.まとめ

こんな世の中で、気持ちが沈んでばかりで、
もう何もかも嫌になってきちゃうけど、
この曲のおかげでちょっと生きる希望が湧いてくる。
明日を生きようと思わせてくれる。
そして明日を期待しようと思わせてくれる。
そんな曲を作ってくれる「Mr.children」。
もうマジ感謝。そしてアルバムに期待。
いつまでも活動してくれねえかな。

余談だが、有村架純さんのドラマ
「姉ちゃんの恋人」
とても面白かった。
主題歌に合わないかなって思ったけど、
意外なほど合ってた。

その他の「Mr.children」はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「音楽」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


【ミスチル・オススメ】「Mr.children」がとにかく好きなんだ 『東京』編の話

f:id:dunbine6000:20201027203355j:plain

1.今回の曲について

久々に「Mr.children」ネタで
行ってみたいと思う。

New Album「SOUNDTRACKS」が
2020.12.02 RELEASEが決定したことですし。
既出曲が多いから、「シフクノオト」状態に
なりそうな雰囲気バリバリだけど、
まあ素直に楽しみだよね。

今回選んだ曲はこれだ。
『東京』
この曲は、2008年12月10日にリリースされた
SUPERMARKET FANTASY
という15枚目のオリジナルアルバムに収録された一曲である。
f:id:dunbine6000:20201027225310j:plain
www.dailymotion.com

「東京」というタイトルの名曲はたくさんあって、
矢沢永吉」氏や「福山雅治」氏、
ケツメイシ」などなど…。
そのどれもが「上京」したシチュエーションの基描かれた物語なのだが、
Mr.children」の「東京」という曲は、
「東京」で生まれ育った目線で描かれている曲なのだ。
かく言う私はバリバリの地方出身者なのだが、
なぜかこの「東京」出身者目線で描かれた曲が
身に染みてしまう今日この頃。
その理由をひもとくとともにこの曲を解説していこうと思う。

2.歌詞

東京を象徴しているロボットみたいなビルの街
目一杯 精一杯の
働く人で今日もごった返してる
信号待ち。足を止めて誰かが口笛を吹いてる
とぎれとぎれの旋律だけど
なぜかしら 少しだけ癒されてる

描いた夢
それを追い続けたって 所詮
たどり着けるのはひとにぎりの人だけだと知ってる
「それならば何のために頑張ってる?」
とか言いながら分かってる
この街に大切な人がいる

東京は後戻りしない
老いてく者を置き去りにして
目一杯 手一杯の
目新しいモノを抱え込んでく

思い出がいっぱい詰まった景色だって また
破壊されるから 出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この胸に大切な場所がある

バイパスに架かる歩道橋からよく見える
ベランダに咲いた彩とりどりの花
甘い匂いがこの胸にあふれ出す
あの人に手紙でも書こうかなぁ?

描いた夢、理想を追い続けたって 多分
ものにできるのはひとにぎりの人だけど
あと少し頑張ってみようかな
それでもいつか可能性が消える日が来ても
大切な人はいる

思い出がいっぱい詰まった景色だって また
破壊されるから 出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この街に大切な場所がある
この街に大切な人がいる




3.解説

まずこの「Mr.children」の「東京」と言う曲は
とてもポップな曲調で奏でられている。

他の「東京」と言う名のつく名曲たちは
とても哀愁漂うバラード調の曲調が多いのだが、
この曲はあえて分に仕上げ東京と言う
煌びやかな街を表現していると小生は考察する。

そして煌びやかな曲調とは相反して、
歌詞の中では東京の無機質な冷たさや残酷さ、
を列挙していく。
東京で生きていくことの現実を突きつけるのである。
東京=コンクリートジャングル。
ここまでは良くある東京の歌によくありがちな表現かもしれない。
(でも桜井節が随所に出ているけどね。さすがです。)

ここからは東京出身者ならではの表現となるのだが、
そんな東京でも、大切な人が住んでいて、大切な場所があって、
なにげない場面が美しく、尊く思えたりして、
そんな風に感じられることで、
夢や理想が叶わないという現実もありながら、
もう少し頑張ってみようかな、と思わせるところに繋げてくる。

よくある人生の応援歌、と捉えてることもできるが、
そこはさすがの「Mr.children」。
一味も二味も違う、一線を画す表現で鼓舞してくれる。

4.この曲の本質

この街に大切な人がいる、
この胸に大切な場所がある、
そう思うだけであと少しがんばれる。
夢や理想には届かないかもしれないけど、
やれるとこまでやってみよう。
不思議とそう思わせてくれる。

要は東京という街に生きている人だけじゃなく、
今の自分の状況に置き換えても無理なく
スッと心に染み込んでくる曲なのである。
東京以外で生きている人に、つまりは
全ての人に捧げる応援歌なのである。
曲調がポップでキラキラしているから、
より一層ポジティブシンキングに適した
応援歌となっているであろう。
そして聴くと不思議と力が湧いてきて、
元気になってくる自分がいるのだ。

5.まとめ

いわゆる世間一般「東京」という曲は、
田舎から上京した夢を追う若者を
応援するという、対象者が限定されたもの
という感じが否めないが、
この「Mr.children」の「東京」という曲は、
「東京」出身者目線で描かれた曲ではあるが、
自分の状況に置き換えることが可能で、
つまりは全方位の人たちへ向けた
応援歌と捉えることができるのだ。
このご時勢、いろいろ心が疲弊してしまう
ことも多くなってきたが、
この曲を聴いて元気を取り戻そう。

その他の「Mr.children」はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「音楽」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


【雑談・音楽】魅惑のギタープレイ、小生が選ぶ至高の「ギターソロ」はこれだ!『第二弾』の話

f:id:dunbine6000:20201006221151j:plain
小生の好きな「ギターソロ」を紹介する
この企画の「第二弾」。
前置きなんかナンセンス。
それでは早速行ってみよう。

1.B'z 「love me, I love you

www.youtube.com

まずは「B'z」から「 love me, I love you
「ソロ」は2:06あたりから。
出だしからスロットル全開のこの曲。
この曲は(というよりB'zの曲
全般に言えることであるが)
「ソロ」だけでなく随所に
散りばめられた「リフ」に
TAK節が炸裂しており、
気持ちいいったらない。
弾いてる本人もさぞ気持ちいいであろう。
この曲のギターを完璧にコピーできたら
TAKと同じ気持ちになれるのであろう。

そして「ギターソロ」。
突然3拍子に切り替わり、
ムーディーな雰囲気に。
再び4拍子に戻りボルテージMAXへ。
「ソロ」が終わっても「TAK節」は
炸裂し続け最後の最後、
アウトロの終わりの終わりまで
堪能できる。
毎回この曲を聞くと、
得体の知れないパワーが注入され、
そして「柊又三郎」を思い出す。

2.布袋寅泰「HOWLING」

www.youtube.com

続いては「布袋寅泰」より「HOWLING」

この選曲は「ギターソロ」の紹介としては
反則なのかもしれない。
というのも、この曲は全編
インストゥルメンタルであり、
まるまる一曲で「ギターソロ」なのだ。
そんな屁理屈で丸め込むよ
だから許して。笑って許して。
この曲を初めて聴いたとき、
この人は、自己の魂の叫びを
「ギター」を通して表現できるんだと感じた。
そしてこの人は体全体で「ギター」
を表現する人なんだと悟った。
壮大なバックグラウンドと、
スローテンポにあわせ、
最初は静かに、ゆっくり鳴るギター。
しかし、テンポそのままに
徐々に激しくなってゆくギター。
クライマックスにはもう
涙ちょちょ切れものの盛り上がりっぷり。
一週回って笑っちゃうね。
この曲もしかり、なのだが、
やっぱり名曲は構成が素晴らしい。
起承転結がガシっとはまっている。
盛り上げ方が上手すぎるのだ。
メロディの素晴らしさだけでなく、
全体の曲の流れがしっかりしている
からこそ感動できる。
改めて曲作りの難しさを
知ることのできる一曲である。





3.Mr.Children 「himawari」

www.youtube.com

続いては「Mr.Children」より「himawari」。

ギタリストはご存じ「田原 健一」氏。
この曲に関しては、このブログ内で
再三名曲であると
もうしつこいくらいにいっている。

Mr.Children 「himawari」に関する記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

ここで改めて言おう。
「ギターソロ」がこれまた
イイのである、と。
まあ「ギターソロ」についても
前の記事で語っているので、
改めて言うことは何もないのだが、
田原さん得意のオクターブ弾きで
奏でられるこの「ソロ」は、
これまで紹介してきた「ギターソロ」
の中で一番音が少ないであろうが、
見事にこの曲の世界観を表現している。
そして何より盛り上がる。
少ない音数でここまで表現できるのは
田原さんくらいなのでは、と思う。
しかしこの「ギターソロ」弾いている
ときの田原さんは苦しそうに見えるな。
相対してとても軽やかに踊る桜井さん。
この対比も見事である。
そして見どころでもある。

4.まとめ

というわけで、小生が
選ぶ至高の「ギターソロ」
を紹介してきたわけなのだが、
まだまだ紹介し足りない、
そんな気もするし、
もうお腹いっぱいな気もするし。

そしてこの記事を書いてみて、
気づいたことは、「ギターソロ」
の裏には、「ソロ」以外の「リフ」
があり、それがあってこそ「ソロ」
がさらに光り、そればかりか
「ソロ」意外の「リフ」が
「ソロ」を喰ってしまうこともある。

そして「ソロ」は決して
独りよがりなんかじゃなく、
その曲の全てを活かすものなのだ。
独りよがりの「ソロ」は存在しないのだ。
もうそれは「ソロ」とは言わないのだ。
もう別の曲になってしまうのだ。

そんな感じでこの記事は締めたいと思う。
紹介したい「ギターソロ」ができたら
またその時にお会いしましょう。

「ギターソロ」第一弾はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「雑談」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「音楽」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com



【雑談・音楽】魅惑のギタープレイ、小生が選ぶ至高の「ギターソロ」はこれだ!『第一弾』の話

f:id:dunbine6000:20191211223411j:plain

1.はじめに

バンドの花形「ギター」。
そして曲の最高潮「ギターソロ」。
数々の「ギターソロ」がこの世にあるが、
その中で、小生が選りすぐりの
「ギターソロ」を紹介したい。
小生が思うイイ「ギターソロ」は、
「ソレだけ」を聴いても申し分ないが、
曲全体のバランス、雰囲気と絶妙に
マッチしていて、決して浮いてなどいない。
独りよがりではないのだ。
曲があるからこそ「ソロ」が活きる。
「ソロ」があるからこそ曲が活きる。
そんな珠玉の「ギターソロ」を
独断と偏見でご紹介したい。
夜露死苦

2. X JAPAN 「ENDLESS RAIN」

www.youtube.com
まずは「X JAPAN」から「ENDLESS RAIN」。
「ギターソロ」は3:30あたりから。
「hide」が作る「ソロ」はなんか
言い表せない「危うさ」があって、それがいい。
「hide」の生涯をわかってる今だから
そう思うだけなのかもしれないが、
そうだとしても、そうじゃないとしても、
この「ギターソロ」は危うくて、美しくて、素晴らしい。
「Toshi」の歌から流れるようにソロに入り、
途中から「PATA」とハモる。
構成が完璧すぎて、怖いくらいだ。
よくこんなの思いつくな。
長めの「ソロ」だけど、決してだれる事なく、
最後まで聞き惚れることができる。
「hide」はやっぱりどこまでも「ギタリスト」なのだ。
そして「ミュート」の使い方、うまいなあ。



3.X JAPAN 「Tears」

www.youtube.com
続いても「X JAPAN」から 「Tears」
「ギターソロ」は3:57あたりから。
またバラードであるが、
「ENDLESS RAIN」とは違い、
こちらの「ソロ」は淡々と流れていく
印象を受ける。
「ENDLESS RAIN」が「ドラマティック」と
表現するのであれば、
「Tears」は「淡泊」と言えるだろうか。
最後こそ駆け上がっていく展開となるが、
それ以外は終始落ち着いた印象。
でも美しさは「ENDLESS RAIN」と
引けを取らない。
初っ端からの「PATA」とのハモりも
これまた美しい。
そして淡々していても飽きることがない。
この「ソロ」はこれでいい。これがいい。
そう思わせる「ギターソロ」であろう。

4. シャ乱Q 「シングルベッド」

www.youtube.com
続いては「シャ乱Q 」から「シングルベッド」
「ギターソロ」は4:50あたりから。
またしてもバラード。スミマセン。
この「ギターソロ」はバラード
「ギターソロ」の
「お手本」というか、「基本」というか。
「原点」みたいな印象を受ける。
「はたけ」氏が弾いているわけなのだが、
その見た目とは裏腹に、基本に忠実で、
テクニックを存分に使い、
そしてメロディを、一音一音を大切にした、
そんな「ギターソロ」であると感じる。
これまた構成がキッチリしていて、
全く隙がない。
「ここをこうすればもっといいのに」
という批判が入りこむ余地すらないのだ。
ど真ん中の「ギターソロ」と言えよう。

5.L'Arc〜en〜Ciel「forbidden lover

www.dailymotion.com
続きまして「L'Arc〜en〜Ciel」から「forbidden lover
「ギターソロ」は3:47あたりから。
この曲に関して言えば「ギターソロ」をどうのこうのいうよりか、
全編に亘り、随所にある「ギター」のリフが凄すぎて、
もうお手上げ状態なのである。
もちろん「ドラム」も「ベース」も
そして「ボーカル」も勿論凄いし、
さらに曲の世界観も相まって
一聴しただけではその世界観に引き込まれてしまい、
「ギター」を聴いている余裕はないのだが、
よくよく聴くと「こりゃすげえ」となる。
そして真骨頂の「ギターソロ」。
この人には「譜面」という概念は存在しないのではないか、
と勘繰るくらい、良い意味で「メチャクチャ」なのだ。
それでいて、起承転結はきちんとあって、
世界観にビッタシハマっていて、
もうおそらく感性だけで弾いてるのではないか、
頭の中のイメージをそのまま「ギター」で
表せるのではないか、という天才っぷりを
遺憾無く発揮している。
「Ken」さんは凄え。凄え「ギタリスト」だよ。
唯一無二の人だというとこを思い知らされる。
こんな「ギタリスト」は二度と現れないだろうな。
長生きしてほしいよ。

そんなわけで、紹介したい「ギターソロ」は
まだまだあるが、長くなってしまったので、
第二弾に続くのである・・・。

その他「雑談」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他「音楽」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

「ギターソロ」第二弾はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com



【雑談】なぜ『肉』といえば「魚の肉」ではなく、「動物の肉」である、という概念が定着してしまったのか、という幼き頃に感じていた疑問をいまさら蒸し返してみた、の話

f:id:dunbine6000:20200315165159j:plain

1.前置き

子供の頃にふと疑問に感じたことがある。
しかしそれは大人となった今では、
疑問から常識へと変わってしまった。
それでもまだ、ふとした瞬間に
それをまだ受け入れられない自分もいて、
腹の中で燻り続けていたものが、
何かの拍子に顔を出す時があるのだ。

さて、それではその何十年も燻り続けている
疑問とは何か。
それは、なぜ「肉」と言えば「動物の肉」だ、
という概念が浸透しているのか、
というものである。
この記事を読んでくれた方にしてみれば、
「なんだその疑問は」
「そんな疑問を何十年も燻っているのか」
「頭おかしいんじゃないか」
そんな声が聞こえてきそう。
では何故そんな疑問が生まれたのか。
そこから説明してみたいと思う。

2.疑問が生まれた理由

日本人は言葉使いに厳しい。
特に社会人になってからはそうだ。
目上の人や、お客様に対しての言葉使い、
それについてはきちんとしていないと
人格否定をされるほどだ。
略称言葉なんて使った日にゃ
非難轟々が必至。
それなのに世間では省略言葉がありふれている。
なんなのこの矛盾。
需要があるから生まれていると思われる
省略言葉たち。
それを認めない社会。
言葉使いに厳しい日本だからこそ、
それに反発する力が省略言葉を生み出している。
そんな気がしている。
やがてそんな省略言葉たちも
社会に受け入れられる日がくる。
「経済」とか「切手」なども
実は省略言葉なのに、社会に浸透している。
最終的に伝わればいいのだ。
そんなものなのだ。
ここで本題に戻り「お肉問題」。
今、「肉」=「動物の肉」というのが
世間に一番浸透しているイメージ。
それは最早「真理」である。
では何故そうなったのだろう。
次の項目で自身の考察を明かしていこう。




3.「肉」=「動物の肉」というイメージが定着した理由とは

では、「肉」=「動物の肉」というイメージが
定着した理由とは何か。
いろいろ調べてみたが、どこにも明確な答えは
載っていない(と思う)。
これは想定外であった。
少なからず自分と同じ疑問を抱き、
その疑問に立ち向かった人がいるだろう。
そして研究をして、何らかの結論を
出してくれているだろう。
そう鷹を括っていたのだが、
それは甘い考えであったようだ。
というわけで、この記事に
どうにかオチをつけるため、
ここからは小生の考察、持論を展開する。
ご了承いただきたい。

おそらく「動物の肉」を食べる、
という文化が世間に浸透する前は、
「魚」こそが主なる栄養源だったであろう。
おそらくそんな時代では、
「魚」=「最高のタンパク源」=「肉」という
方程式が成り立っていたはず。
(「肉」と呼んでいたかどうかはさておき)
それが「動物の肉」を食べるという文化が
浸透し出してからは、「動物の肉」こそが
「最高のタンパク源」となる。
つまり自身の「血」となり「肉」となる
そのものなのである。
そこから「肉」=「動物の肉」という
概念が生まれた、と考察する。
「魚」はあんまり「血」となり「肉」となる、
ってイメージないよね。
そういう結論に至りました。

4.あとがき

こんなご時世にこんなくだらないテーマで
ブログを書いて何考えてるんだ、って声が
ありそうですが、こんな時だからこそ
こんなくだらないことを考えていないと
やってられないわけですよ。
というか、コロナ前からくだらないこと
しか考えていないけどね。
コロナでいろいろ変わってしまったけど、
変わらないものもあるんだな、
と実感した今日この頃であった・・・。


その他の雑談記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【グルメ】『大戸屋』で期間限定メニュー「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」と人気№1メニュー「鶏と野菜の黒酢あん定食」を食らってやった、の話

f:id:dunbine6000:20200207205343j:plain

1.はじめに

最近「グルメ」記事ばっかりになってきたな・・・。
確かに食べることは好きだから、やむをえないことではあるのだ。
そして一番記事にしやすいのが「グルメ」かもしれない。
意外とスラスラ書けちゃうからね。

ところで、「和食の定食屋」って少なくありませんこと?
小生の地域だけかもしれないが、いざ外で「和食定食」を
食べようと思うと、さあ大変。
チェーン店でもそれ以外でも「和食定食屋」って探してもあまりない。
あったとしても敷居が高くて入りずらい。
だから「中華」とか「からあげ」とかに偏っちゃう。
好きだからいいんだけどね。
そういった中、「大戸屋」は今までになかった
「和食定食」が気軽に食べられる場所だと思う。
まあ最近では時代の流れに押され、
値上げを強行し、客離れがすごい、なんてこともあるらしいけど、
それにしたって他じゃ類を見ない「質」の高い「和食定食」を
リーズナブルに提供している、と小生は思う。

今回はそんな「大戸屋」のレビュー記事と相成ります。
それでははりきってどうぞ。

2.『大戸屋』では「魚」と「お肉」、今夜のご注文はどっち?

大戸屋」とは・・・
株式会社大戸屋(おおとや)は、株式会社大戸屋ホールディングス
運営する、和定食を中心とする外食チェーンストアである。
Wikipediaより)

気軽に行ける、とはいえ、小生もそんな頻繁に
大戸屋」を訪れているわけでもない。
そして「大戸屋」に来たからには、
最初は普段はなかなか食べる機会が少ない
「魚定食」を食べるんだ、と意気込む。
しかし、メニューを眺めているうちに、
「お肉」の誘惑に負けてしまう。


決して完全な「魚」より「肉」派ではない。
むしろ「魚」食べたい派なのである。
「鯖」や「鯵」を好んで食べる派なのである。
しかし・・・。「肉」は恐ろしいね。
脳内で「魚」では満足できない。
「肉」じゃないと満足しない、と
何かの物質が勝手に分泌しちゃってるんだろうね。
そして今日もまた小生は「肉」に手を伸ばすのであった・・・。

3.期間限定メニュー「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」って長い名前だ!

f:id:dunbine6000:20200212215029j:plain
f:id:dunbine6000:20200212215055j:plain
f:id:dunbine6000:20200212215120j:plain
そもそも、小生の中でのランキングで、
「ハンバーグ」は決して上位ではない。
いきなり何を言ってるんだ、といった声が聞こえる。
しかし、気にせずに小生は唱える。
人生において、「ハンバーグ」は優先されない。
しかし、確実に食べる機会は多いのだ。
いわば「当たり前」の感覚で「ハンバーグ」は食べるものなのだ。
そして「大戸屋」では「ハンバーグ」祭り開催中であった。

そんな感じで期間限定メニューである
「味噌デミソースの煮込みハンバーグ」を注文っっっっと。
f:id:dunbine6000:20200212215224j:plain
どれどれ。見た目は「味噌感」全然ナシ男ちゃん。
「トマト」と「葉っぱ」のインパクト強し。
では味のほうはどうだろう・・・。パクリ。
んー。味も「味噌感」あんまりだな。
微かにすっごい奥のほうで味噌を感じる程度。

そして、普通のデミソースより、濃いめの味付けかな。
「トマト」他、野菜たちがその濃い味の罪悪感を打ち消す。
しかし、これはご飯が進んじゃうね。五穀米にして正解。
(というか毎回もったいないという気持ちから五穀米しちゃう)

そして言わずもがな「チーズ」最強。
「チーズ」と「ハンバーグ」の組み合わせは
使わない人は頭おかしい、とまでは言わないが、
もう常套手段。

全体的に「和」っぽさは足りないけど、
「パン」は「ごはん」が欲しくなる。
大戸屋」流のご飯に合うハンバーグ、といった印象だね。




4.定番の「鶏と野菜の黒酢あん定食」も食べてしまう

このメニューはもう「大戸屋」の顔と言っても
過言ではないはず。「鶏と野菜の黒酢あん定食」。
でもリニューアルされているのかな。
初期のころと比べて、見た目が
ヘルシーな雰囲気を醸している、気がする。
あの「黒酢あん」の体に悪そうな
「甘酸っぱしょっぱい味」が何とも言えないのだが、
(「黒酢」という体によさそうなキーワードとは反比例している)
それがお変わりになっていないか、心配だった。
f:id:dunbine6000:20200212215315j:plain
どれどれ。パクリ。
うん。これこれ。この味でした。
これぞ人気No.1の貫禄。
御見それしました。

そして「レンコン」の存在感。
大戸屋さんは「レンコン」の扱いかたお上手。
スタメン起用だけじゃなく、ポジションも完璧。

野菜もあるからヘルシーなんだろうし、
鶏肉だって割とヘルシーなんだろうから、
この「甘酸っぱしょっぱい味」だって
きっとヘルシーなんだろう。
そうでしょ。大戸屋さん。

5.やっぱり割高なのか問題

まとめに入ります。
味もクオリティーも申し分ない。
さすが「大戸屋」といったところ。
満足感も得られました。
(「肉」だから、かもしれないけど)

しかし、やはり懸念されるのは「お値段」。
「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」
のお値段は「1,182円」(税込:1,300円)。
「鶏と野菜の黒酢あん定食」のお値段は
「810円」(税込:890円)。
うーん。毎日ランチに「大戸屋」となると
やっぱりお高めなのかなあ。
かといって、特別なディナーに「大戸屋
というイメージもちょっと違う気がするし・・・。

でもよくよく考えてみると、
失敗したなあ、という残念な気持ちにはならなかった。
ということは、その気持ちだけで判断するのであれば、
見合う金額なのではなかろうか。

またいつか行きたくなる。
この気持ちが一番大事なのかもしれない・・・。

その他の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

【グルメ】「からやま」で新メニューの「チーズとトマトソースのささみからあげ定食」とリニューアルされた定番の「チキン南蛮定食」を食らってみたの話

f:id:dunbine6000:20200125183237j:plain
f:id:dunbine6000:20200125183253j:plain

1.「からやま」ネタ飽きたとか言わせない

今回も「からやま」放浪記である。
今回で第7弾となる。

過去の「からやま」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com

いい加減飽きた、とか言わないで。
「からあげ」好きなんだもん。
引き続き家でも冷食の「からあげ」食べてるよ。
でもやっぱり「からやま」の「からあげ」が
定期的に食べたくなるよね。
恋しくなるよね。そんなもんだよね。

ということで、おそらくまた「新メニュー」
があるであろうという自分の野生の勘を信じ、
三度(実際にはそれ以上、言いたかっただけ)
「からやま」を訪れるのであった・・・。

2.やっぱりあった「新メニュー」

f:id:dunbine6000:20200126174317j:plain
ありました。やぱりありましたよ「新メニュー」。
来た甲斐があるってなもんよ。
トマトとチーズか・・・。
最高の組み合わせじゃないか。
しかも「フライドポテト」も付いてるし。
これだけ役者が揃っていて、
美味しくないわけないじゃない。
さっそく頼んでやるよ。
お店の思う壺だよ。
「飛んで火にいる夏の虫」だよ。

3.食べます

f:id:dunbine6000:20200126174932j:plain
鉄鍋できました。
アツアツ感を演出していて見た目ベリーグー。
それじゃあさっそくいただきますよ。
どれどれ。
チーズと絡めていきましょう。
パクリ・・・。
やっぱりチーズ最高だね。
チーズと合わない食材なんてないんじゃない?
実はこのタイミングでカミングアウトしちゃうけど、
トマトソースはそんなに好きじゃない。
でもこれはあんまりトマト主張してこないんだよね。
小生にとってはいい塩梅。酸味がいい塩梅。
トマトソースはゆるめでシャバシャバ系。
だから「からあげ」に絡みが足りなくても、
ドバドバ追加でつけられるよ。
「ささみからあげ」だから、
そんなにしつこさも感じない。
ドンドン口に運べちゃう。
そしてなんといっても「ポテト」の存在。
これがあるとないとでは全く違う。
食感やボリュームに影響大である。
しかし、カロリーがすごいことになっていそうだな・・・。




4.そしておまけの「チキン南蛮定食」

f:id:dunbine6000:20200126180629j:plain
前回「鉄板チキン南蛮定食」を紹介したが、
リニューアルされた「チキン南蛮定食」も
注文してみた。
f:id:dunbine6000:20200126214204j:plain
もはや「からあげ」の原型を留めていない。
普通の「チキン南蛮定食」である。
ポテトサラダも付いていない。
まあでも普通に美味しい。
そもそも「チキン南蛮定食」にハズレなし。
それを身に染みて感じることができた。

5.まとめ

今回は「トマト」と「チーズ」、
そして「ささみからあげ」の相性は素晴らしい
という新たな発見があった。
まあ想像に難くないことは
わかっていたことではあったが。
そしてさらに「ポテト」が加わると
もう「最強」である。
そして「カロリー」も最強だ。

そして「チキン南蛮定食」は
定番化して、もう「からあげ」とは
一線を画す存在として扱うんだな。
前の「鉄板チキン南蛮」に
もう一度会いたい気持ちはあるのだが。
そして「ポテトサラダ」が食いたい。

過去の「グルメ」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com

【雑談】「好きな食べ物」=「レンコン」は、なぜ世間に受け入れられないのか、の話

f:id:dunbine6000:20200119165836j:plain

1.「レンコン」が「好きな食べ物」って可笑しいのか?

しつこい、と思われるかもしれないが、
また「好きな食べ物」の話をしたいと思う。
「好きな食べ物」の話はまだまだ「味」がしそうだ。
(「食べ物」だけに「味」って・・・うまいこと言った)

以前の記事で、小生の「好きな食べ物」は
「レンコン」である、という告白をしたわけ
であるが、それを誰かに打ち明けた際、
なぜか「失笑」される。
ここウン十年その理由が判明されていない。
(小生が鈍感なだけ、かもしれないが・・・)

過去の「好きな食べ物」の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

www.bystonwell-blog.com


そこで、改めて「好きな食べ物」=「レンコン」の
どこが可笑しいのか、真剣に考えてみることにしたのである。

2.「レンコン」は「素材」だからか?

ちなみに小生だって普通の人間である。
「レンコン」以外にも「好きな食べ物」はある。
これまた以前から紹介している「チャーハン」
そして「からあげ」「ラーメン」
さらには「枝豆」だって好きなのである。

過去の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

おそらくここら辺を言えば、だれも「失笑」しない。
それはなぜか。なにが「レンコン」と違うのか。
違う点といえば「調理」されているかどうか、だろうか。
しいてあげるなら「枝豆」も「素材」と
とらえることができるが、「枝豆」といえば
だれでも塩ゆでしたものを思い浮かべるであろう。
それに比べ「レンコン」とだけ言うと、
「素材」そのものが好きなのか、と勘繰られるのか。
それが可笑しい、と捉えられてしまうのか。
それならば「レンコン料理」を言えばもしかすると・・・。
「レンコンのきんぴら」「レンコンのはさみ揚げ」
筑前煮」などなど・・・。
いや、それも違う気がする。
「スイカ」や「メロン」だって素材そのものだ。
それを言う人は大勢いるだろう。
(調理しなくても食べられるもの、という声は聞こえない)
そもそも「レンコン料理」全般が好きなのだから、
「レンコン」って言ってるんだ。
それは覆すことはできない事実なのだ。




3.「レンコン」という事が「狙っている」と思われる?

違う視点で考えてみよう。
「好きな食べ物」は「レンコン」だ
と言ってること自体に何かが孕んでいるのかもしれない。
つまり「狙って」言っていると勘繰られていて、
見事に「スベっている」ということなのではないか。
その可能性は「大」だ。
「好きな食べ物」を「レンコン」だという人は
おそらくマイノリティーだ。
それゆえに突拍子もないことを言っていると捉えられ、
それが「狙っている」と勘繰られる要因であろう。
そして結果「スベる」=「失笑」という方程式か。
でもそれだと解決方法がない、じゃないか。
「これは狙っていってるわけじゃなく」なんて
前置きしたところで逆効果だろ。
「本気」で言っていることを
「本気」だと思ってもらえないこの「ジレンマ」。
この感覚、「恋愛」と似ているかもしれない・・・。
そんなことはどうでもいい。
「言いたいことも言えないこんな世の中」
にいつからなってしまったのだろう。

4.解決策はこれ如何に

おそらく結論は出た。
マイノリティーの成れの果て、というやつだ。
こりゃまいったな。
一番簡単な解決策は「自分を殺すこと」だ。
いやしかし・・・。これでいいのか?
「レンコン」が「好きな食べ物」だと
声高に宣言することの何が悪いのか。
(誰も悪いと言っていないよ)
厚さ1cmのレンコンひと切れのビタミンCは、
レモン1個分に相当する」らしいよ。
こんな偉大な食べ物、他にあります?
「レンコン」がもっとメジャーな食べ物となり、
「好きな食べ物」ランキング上位に食い込めばいいんだ。
そんな世界に「もしもボックス」ですればいいんだ。
いつかそんな日が来ることを・・・
今日も明日も願ってやまない。

その他の「雑談」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com

【グルメ・ラーメン】「らーめん初代」の「新味噌らーめん」と「光麺」の「熟成豚骨ラーメン」

f:id:dunbine6000:20191221183510g:plain
f:id:dunbine6000:20191221183620g:plain

1.「ラーメン」って偉大だ

突然ですが、「ラーメン」ってすごい。
「ラーメン」が食べたくなる時。
そんな時はごく普通にあるし、
その時に美味しいラーメンを食べたら
そりゃ当たり前に満足する。
しかし、「ラーメン」は食べたいって
思ってない、意識をしていない時に
食べても、結構な確率で満足させてくれる。
しかも気負うことなく手が出せる。
何にも考えたくない時でも、
頭空っぽの時(夢詰め込める前)でも、
簡単に楽しめるからいい。

これから紹介するのはまさに
そんな時に食べた「ラーメン」である。
それではいってみよう。

2.「ラーメン初代」

今回食べた「ラーメン」。
まずは「ラーメン初代」
「ラーメン初代」とは
創業25年。小樽の名店。
スープは、半日じっくり煮込み、
一晩熟成させてから再びダシを加え
風味を呼び戻す「追いダシ製法」。
麺は、通常の倍近く寝かせた
「超熟成麺」。
濃厚スープとのバランスが良く、
完食いただく最後までコシを保ちます。
こだわりの製法と麺で
「ブレない旨さ」を提供します。

とのこと。
「醤油らーめん」が定番らしいけど、
今回食べたのは・・・

3.「新味噌らーめん」

f:id:dunbine6000:20191225221815j:plain
このメニューを見て、
やっぱり惹かれちゃう「味噌」の文字。
「醤油」が嫌なわけじゃないんだけど、
「味噌」にフラフラ付いて行っちゃう。
それは小生の悪い癖。
そしてオーダー「新味噌らーめん」。
「新味噌らーめん」は
味噌と醤油、
生ニンニクの擦りおろし中国山椒等を
練り合わせてから約20日ほど
熟成させた新味噌用のタレを使用。
スープの旨味が感じられるように
火力は最大で仕上げます。

とのこと。
まあ細かいことは気にしない主義なので、
とにかく食べてやる。

f:id:dunbine6000:20191225222226j:plain
見た目はものすごく濃そう。
でもスープは意外とあっさり。
醤油も混じっているからだろうか。
だからスープガンガンいけちゃって
逆に膵臓壊しそう。
麺は中太麺といった感じだろうか。
スープとうまい具合に絡む。
そしてデカイチャーシュー。
そんなにチャーシュー推しじゃないはずなのに、
主役級。
これは満足するでしょう。
しない方がおかしいってな話。




4.「光麺」

そしてもう一つご紹介。
続いて「光麺」。
「光麺」とは
創業25年。東京豚骨醤油ラーメン。
厳選した豚と鶏をベースに、
長時間煮込んだ、
濃厚且つクリーミーな豚骨スープに、
歯ごたえ・のどごし感が抜群な中太麺が
最後まで飽きの来ない逸品に仕上げています。

とのこと。
またまた豚骨縛りなのである。
どんだけ好きなんだ、と言われれば
それまでだ。

5.「熟成豚骨ラーメン」

f:id:dunbine6000:20191225225953j:plain
一番シンプルな「熟成豚骨ラーメン」をチョイス。
じっくり熟成させ、よりクリーミーに仕上げたスープ
自慢の豚骨スープは8~12時間かけて熟成し、
コク、旨みをしっかり引き出しました。
スープを一口飲んだあとの、香ばしい醤油の風味が
香る、東京トンコツの逸品を是非お楽しみください。

とのこと。
やっぱり「豚骨醤油」なんだよね。
濃いけどあっさりしてるところもあり、
これまたスープガンガンいけちゃう。
そして膵臓壊しちゃう。
麺は豚骨だけど中太麺。
だけどしっくり来る。
まあ細麺だったらもっと良かった、
気がする。
「豚骨醤油」はそれだけで満足しちゃう。
そんなもんだろう。

6.「味噌」と「豚骨醤油」

辿り着く先はいつも「味噌」か「豚骨醤油」。
人生に然も似たり。
自然と追い求めているものに
手が伸びちゃうんだね。
冒険していない、という捉え方もあるだろうが、
だってそれが「間違いない」ものだと
わかっているのに、
それを選ばないのもおかしな話。
敷かれたレールの上を進むのは、
そんなに悪いことじゃない。
安定を求めるのは人間の真理ではないだろうか。
ということは、「味噌」と「豚骨醤油」は
「真理」、ということになる。
・・・自分で書いててわけわからん。
要するに小生はこれからも
「味噌」と「豚骨醤油」を選ぶ。
それは誰にも止められないのだ。

その他の「ラーメン」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング