面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【雑談】「好きな食べ物は何?」って聞くことには「深い意味」が隠されているの話

f:id:dunbine6000:20190306223508j:plain

「好きな食べ物は何?」

と聞かれた経験は誰にでもあると思うが、答えを出すのはなかなか難しい。

あれもこれも食べてきた人生の中で、

どれか一つ好きな食べ物を決めて挙げるなんて、できるのだろうか。

そもそも好きな食べ物の定義はなんだろう。

食材のことを指しているのか、それとも調理されたものなのか。

あの店の、あの料理が好き、なんて言ったところで、

その店を知らない人にしてみたら、それが求められた答えとは思えない。

じゃあ大きな括りで答えてみたらどうか。

例えば「果物」とか「野菜」とか「肉」とか「魚」とか。

いや、そんな大きく括られた答えを聞かされても、

それはそれでリアクションに困るのだろう。

しかし、おそらく大抵の人は、好きな食べ物を聞かれたときの答えを、

きっと用意しているであろう。

それはもしかしたら取繕われた答えの場合もあるだろう。

 

ところで、何故、人は人に好きな食べ物を聞くのだろう。

それを教えたらすぐにその食べ物を用意してくれるわけでもなかろうし。

おそらく、この「好きな食べ物」の質問は浅いように思えて奥が深いと考える。

会話に困ったときの常套句にもなり、

要は上部だけの当たり障りのない会話にはうってつけでもある。

逆に好きな人、興味ある人に対してもこの質問は繰り出される。

純粋に「好きな食べ物」を聞きたい場合や、

その人のひととなりを確認するのにも有効な場合もある。

それを逆手にとって、よそ行きの「答え」を用意する人もいるだろう。

つまり「好きな食べ物」の質問は、いろんなパターンに使える、

便利なものだと認識できるだろう。

また、それに対する「答え」も、

その時々により使い分けを必要とするものになるのだろう。

日本人ってめんどくさいな…。

ちなみに自分は、この質問に対し、どんなときでも「レンコン」と答える。

ほんとに好きだからだ。

まあそれを聞いた人は決まって微妙なリアクションになるのだが…。

 

その他の「雑談」記事はコチラから↓

 https://www.bystonwell-blog.com/archive/category/%E9%9B%91%E8%AB%87


人気ブログランキング