面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・ラブソング】「Mr.children」がとにかく好きなんだ③『秋がくれた切符』編の話

f:id:dunbine6000:20190315175045j:plain

小生が大好きだと公言している「Mr.children」の曲を
個人的な目線でオススメ&考察していく第三弾。

第一弾はこちら↓
www.bystonwell-blog.com

第二弾はこちら↓
www.bystonwell-blog.com

今回選んだ曲

今回は最新アルバムからの曲を選んでみた。
「秋がくれた切符」
2018年10月3日発売のアルバム「重力と呼吸」に収録されているこの曲。

収録アルバムのコンセプト

このアルバムのコンセプトは、一言でいうと「ロック」。
今までの「Mr.children」のイメージを覆すような、裏切るような形で作られたようだ。
本人達はこのアルバムのことを「過去最高の出来」といった発言をしている。
(毎回言っているような気もする)
確かに、ここ最近にはない「バンド色」が強い作品になっている。
今まではそれほどなかったギターソロもふんだんに入っているし。
でもロックテイストが強いアルバムは他にもあって、
「DISCOVERY」なんかもギターがギュインギュイン鳴ってるし。
そういう意味では「DISCOVERY」に似ている感覚がある。

「アルバム」の中での「この曲」の立ち位置

そんな「ロックバンド」的なアルバムの中で、一際浮いている曲がこれ
「秋がくれた切符」である。
Mr.children」っぽさ全開の曲といってもいい。
実は小生は邪道と言われるかもしれないが、この曲がこのアルバムの中で一番好き。
だって「Mr.children」っぽいんだもん。
ロックテイストな曲の中に1曲こういう曲があるから、逆に引き立っているかもしれない。



「曲の考察」

ミディアムテンポでアコースティック感が全面に出ている楽曲で、
そこがタイトルにもある「秋」を感じさせる。
歌詞の内容としては、夏が終わり秋がやってくる切なさを、
恋愛の切なさと重ねて表現していると感じる。
でも別れの曲ではなく、ハッピーエンドな締めくくりとなっている。

歌詞の中では「秋=自然=神様」として、神様が落ち葉のような切符をくれるんだけど、
これってどういうことなんだろう、って主人公が考えていく流れになっているが、
おそらくここでいう「切符」とは、
彼女と「これからも一緒に進んでいくんだよ」「大切にするんだよ」という意味が込められたもの、
と解釈できる。

「一番好きなフレーズ」

「茜色の夕日は 綺麗で切なくて このまま時間が止まればいいのにな」
というこの曲で一番好きなフレーズは、彼女を思う気持ちをより一層強くさせ、かつ切なくさせる。
切なくさせちゃダメだろ、ってミスチルの曲を聴くたび毎回思うけど。

「秋を感じたい」そんな人に聴いてほしい

この記事を書いている今は、冬から春になろうとしていて、季節外れ感が甚だしいが、
何時でもどこでも今まさに「秋」を感じたい、という人にはぴったりの曲。
あと、この曲を聴くと、今の彼女の大切さを改めて感じることができる、かもよ。

その他の「Mr.children」の記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング