面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【30代のメンズファッション】「長財布」VS「二つ折り財布」論争に終止符を打ちたいの話

f:id:dunbine6000:20190318183348j:plain

「はじめに」

時は平成(もうすぐ終わるけど)。
長年に渡り、繰り広げられてきた「長財布」VS「二つ折り財布」論争。
その論争に終止符を打つべく、小生が独断と偏見で考察していく。
まずは「二つの財布」について改めてもう一度考えてみよう。

「長財布」のメリット・デメリット


ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox) S9697L 長財布 ネイビー 【正規販売店】

「長財布」のメリットは・・・

・お札が綺麗に収納できる(折らなくて済む)
・大人っぽさを演出できる(スマート)。
・収納スペースが多い
・清潔さがある。

逆にデメリットは・・・

・かさばる(ズボンのポケットに入らない)。
・成金に見える(イメージが悪い)。

「二つ折り財布」のメリット・デメリット


ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox) リージェントブライドル S7532 二つ折り財布 ネイビー・イエロー 【正規販売店】

「二つ折り財布」のメリットは・・・

・持ち運びやすい(ズボンのポケットに入る)。
・手軽さ、気軽さがある。
・ポップなイメージを演出できる(無理やりか)。

逆にデメリットは・・・

・収納スペースが少ない。
・幼いイメージがついてしまう。
・お札が折り曲がってしまう。
・財布が傷みやすく、清潔さが保ちづらい。

改めて比較してみると、なんか「長財布」のほうが勝っているような・・・。
でも今って小さい財布が流行ってたりして、「気軽さ・手軽さ」が求められる時代でしょ?
そういった意味では、「二つ折り財布」のほうが今の時代に合っているともいえる。



そもそも「財布」って必要か?

電子マネーが台頭してきた時代になり、小銭や紙幣を持ち歩く時代は終焉を迎えつつある。
ポイントカードやクレジットカードすら、スマートフォンに搭載されていくこの時代。
もはや「財布」を持ち歩くことすら「NG」なのでは?
近い将来「財布」という概念は消失してしまうかもしれない・・・。
それ故、この「論争」自体、過去の遺物と化すであろう。
(元も子もない結論に辿り着いた)。

「三つ折り財布」

とはいえ、小生は財布を持ち歩くことをやめない(とりあえず今は)。
電子マネー確かに便利だけど、なんだか寂しいじゃない。
こうなりゃ「二つ折り」なんてケチなこと言わず「三つ折り財布」じゃ!

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox) リージェントブライドル S7660 三つ折り財布 ネイビー・イエロー 【正規販売店】

というわけで、小生は現在使用しているのは「三つ折り財布」。
札は折り曲がっちゃうけど、収納スペースも結構あるし、
「二つ折り」ほど幼いイメージ付きづらい(当社比)。
なりより「長財布」より持ち運びやすいし、「手軽さ・気軽さ」もキープできる。

「新しい財布」で「心機一転」

財布って小物だけど、割と人間性が出るし、それによって自分のイメージも付きやすい。
ボロボロの財布をずっと使い続けてる人がいて、それはそれで「エコ」なのかもしれないけど、
心機一転を図って、新しい「財布」を購入するのもいいのでは?
「財布」を持つ「喜び」を噛みしめることができるのも、今のうちかもしれないよ・・・。


その他の「ファッション」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング