面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【30代のメンズファッション】小生が所持している「帽子」をとにかく紹介したいの話。

f:id:dunbine6000:20190402171427j:plain

前置き

「帽子」を被るという行為に伴う理由は人それぞれだろう。
・日差しから頭・顔を守る。
・顔を隠す。
・髪をセットするのがめんどくさい。
・ハゲを隠す。
そして「オシャレ」のため。
そう、今や「帽子」を被っていればそれだけで「オシャレ」でいられる時代なのだ。
ただ、どんな「帽子」でも「オシャレ」に見られるわけではない。
「オシャレ」に見られるかどうかは「アナタ」次第。

そんなわけで、どんな「帽子」を被れば「オシャレ」だと認識されるのだろうか。
小生は「帽子」はたくさん持っているが、今世間ではどんな「帽子」を求めているのだろうか。
自身の所持する「帽子」達を紹介しながら、自分なりに考察していきたいと思う。

ニット帽

ニット帽とはその名の通り、毛糸などを編みこんでできた「帽子」である。
小生が所持しているニット帽をご覧いただこう。
f:id:dunbine6000:20190402175542j:plain:w300
こちらは「ターコイズブルー」なのか「エメラルドグリーン」なのか
なんともわからない色彩で、先っちょが尖がっているタイプの「ニット帽」である。
この微妙な色あいがとても気に入っている。

f:id:dunbine6000:20190402180129j:plain:w300
こちらは「黒」のスタンダードな「ニット帽」である。
「黒」で「ニット帽」ならどんな服にもあうだろうと
浅はかな理由で手に入れたもの。衝動買い中毒者の末路である。

ベレー帽

ベレー帽とは「軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子」(ウィキペディアより)
のことを言うだそうだ。「へー」ボタン押したくなるな。
特に漫画家の人が被っている(それももはや古いが)イメージだが、
最近は街で被っている人が増えてきている。

f:id:dunbine6000:20190402180525j:plain:w300
こちらは小生が所持している「黒」の「ベレー帽」。
普段使いできそうなシンプルなタイプ(だと自分では思っている)。

f:id:dunbine6000:20190402181305j:plain:w300
でました。またこの微妙な色彩の「ベレー帽」。
自分がこの色好きだってことに改めて気付かされた今日この頃。
奇をてらいたい心境の時?に被ったりしている。



ベースボールキャップ

ベースボールキャップとは、
「野球の試合の際に選手や監督などが被る、鍔の付いた柔らかい帽子」(ウィキペディアより)である。
現代ではもはや「野球をしない人が被る帽子」というくらい浸透している帽子であろう。

f:id:dunbine6000:20190402182251j:plain:w300
小生が所持している「黒」のベースボールキャップ
「鍔」が短いタイプである。
小生はキャップ系があまり似合わないと自負しているため、
そんなに出番がない。

ハット

ハットとは、帽子を囲むように周囲に「鍔」がついている帽子のことである。

f:id:dunbine6000:20190402182806j:plain:w300
「黒」の「ハット」で、「鍔」が広い(大きい)タイプのもの。
最近全然被ってないな・・・。

f:id:dunbine6000:20190402182941j:plain:w300
こちらは「ポーラーハット」というもの。
日本語では「山高帽」ともいうらしい。
これも「鍔」が広いタイプで、これまた奇をてらいたい時に着用する。

結論

こうして小生の「帽子」達を紹介してきたが、
「帽子」は被るだけで簡単に個性を発揮できるので、
「似合う」「似合わない」に左右するところが大きいと感じた。
それぞれが自分の「帽子」を見つけることが「オシャレ」への第一歩となるだろう。
小生は自分に一番似合う「帽子」を生涯探し続けるであろう。


その他の「ファッション」に関する記事はこちらから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング