面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【銀座・ランチ・洋食】銀座の洋食屋「煉瓦亭」に行ってみたの話

f:id:dunbine6000:20190412213317j:plain:w400
銀座洋食屋といえばこの店。老舗の「煉瓦亭」に行ってみた。

場所について

住所:東京都中央区銀座3-5-16
東京メトロ銀座線銀座駅より徒歩3分
地図:
www.google.com

店の歴史

1895年明治28年)創業の洋食屋。
「令和」の時代がくれば、「明治」「大正」「昭和」「平成」「令和」と
5つの年号をまたいできたことになる。
代表的な洋食メニューを初めて考案したり、
皿にライスを盛る」のを初めて実施した店だと言われている(諸説ある)。

店の外観~店の中へ

f:id:dunbine6000:20190412214708j:plain:w400
お昼時、OPENの札は下がっていたのだが、なぜか扉にカーテンが・・・。
ちょっと入りづらい雰囲気を出していたので、尻込みして扉の前をウロチョロ・・・。
そうすると店の方がドアを開けてくれて、やってますよアピールをしてきた。
そこで、すかさず店に飛び込んだのであった。
店に入ると1階フロアと2階へ続く階段があった。そして店員さんに2階へ誘われるのであった。

メニュー

f:id:dunbine6000:20190413131744j:plain:w400
席に案内され、おもむろに椅子に座り、メニューを確認する。
ゲゲ。流石銀座やで。老舗の洋食屋やで。高額メニューズラリ
なんか事前に仕入れた情報より値段高いやんけ。
ゴチとかでくるようなレベルの店なんじゃねえのけ。
庶民派の我々は、ヒヨりにヒヨって、一番安価であろう
チキンカツレツ」と「メンチカツレツ」を注文するので精一杯であった。
(しかもライスorパン別料金だったよ)

しかし、プライドを全部捨てたわけじゃない。
ここは一杯の「コーヒー」を頼んでやろうと意気込んでみた。
それで自尊心を保とう、という算段であった。
f:id:dunbine6000:20190413132654j:plain:w400
ドリンクメニューをみると、コーヒーは意外とそうでもない(高くない)。
こりゃイケる、ということでコーヒーも頼んだ。




メンチカツレツ&チキンカツレツ

f:id:dunbine6000:20190413140804j:plain:w400
こちらメンチカツレツ
一枚だけだが、かなりの大きさだ。ソースは別に自分でかけるシステムのようだ。

f:id:dunbine6000:20190413141022j:plain:w400
こちらはチキンカツレツ
なぜかがついてある。この骨は簡単に取れる
衣の中骨はないシェフこだわりなのであろう。
ソースは最初からかかっていた。でも足りないから自分でもかけた。

味の感想

については・・・どちらもいたって普通であった。
美味しいのは美味しいボリューミーであったのもよかった。
自分の食レポが下手なのか、舌が庶民すぎて高級料理に向いていないのか・・・。
正直1,800~1,900円を出すまでもないのかなあ・・・って感じてしまった。
銀座と老舗ってことで価格上乗せされてるのかなあ。
銀座の歴史を味わう、という意味では行ってみてよかったかな。
いろんな意味でいい経験となった。

コーヒー

f:id:dunbine6000:20190413145301j:plain:w400
コーヒーも普通に美味しくいただきました。
チャンチャン。


その他の「グルメ」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング