面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・話題の曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ『Worlds end』編の話※多少ネタバレあり

f:id:dunbine6000:20190422212438j:plain
この先ネタバレあり↓↓↓

その他の「Mr.children」記事はこちらから↓
www.bystonwell-blog.com

前段

Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”』が始まり、
邪道ではあるのだが、待ちきれずセトリを確認してしまった小生である。
今回もまた、新しいLIVEで披露される曲を紹介しがてら、
その曲について考察していきたいと考えた次第である。

今回の曲

今回選んだ曲はコチラ
『Worlds end』
2005年9月21日にリリースされたアルバム
『I ♥ U』に収録された曲である。
アルバムの1曲目ながら、スロットル全開アップテンポナンバー

初めて聴いた時の興奮

小生がこの曲を初めて聴いたのは、
まだアルバムの発売前で、ラジオからの音源であった。
その時の興奮は今でも忘れない。
最初は「これミスチルか?」と疑ってしまった。
それくらいこれまでにない激しいアレンジであった。
しかし、聴いているうちに「これぞミスチルの真骨頂だ!
「小生はこんな曲を待ち焦がれていたんだ」という想いに達し、
部屋で一人で叫びたくなるのを必死に抑えていた。




ギターを「ジャカジャーン」と鳴らしたい

この曲は、ギターをただ「ジャカジャーン」と鳴らしたい衝動にかられ
作った、と桜井さんは語っている。
とはいえ、LIVEではこの曲で桜井さんはギターを持つことはなく、
「ジャカジャーン」とギターを鳴らしているのは田原さんなのであった・・・。

ドラムがエグい

小生が「Mr.children」の好きな理由として、
メロディ」と「歌詞」はもちろんがいいのはもちろん、
ドラムの音」がとても好きでたまらない、というのもある。
JEN」の叩く「スネア」の音は、他のドラマーと違い、
とても「」があって「存在感」がすごい(いい表現が見つからない・・・)

この曲はそんな「ドラム」が「Mr.children」ではあまりない、
主人公」と言っても過言ではないくらいの「存在感」を出している。
ドラムで始まり、ドラムで終わる。
それくらい一曲通してずっと叩きまくりなのである。
でも全然うるさくなくて、心地いい。
JEN」の「ドラム」が十二分に堪能できる曲としてもオススメしたい。

歌詞について

この曲は、敢えて詳しく歌詞の考察はしないでおこう。
というのも、衝動で鳴らされた音楽であり、歌詞も音の一部だと考えたいからである。
しかし、その中でも桜井さんらしい秀逸な歌詞があるので一部だけ紹介したい。

 捨てるのに胸が痛んで とっておいたケーキを
 結局腐らせて捨てる
 分かってる 期限付きなんだろう 大抵は何でも
 永遠が聞いて呆れる

この歌詞はすごいのは、まず「ケーキ」というワードを使っていることだ。
小生が歌詞を書こうとする時、「ケーキ」というワードは絶対避けるだろう。
それは、そのワードを使うことで曲が「安くさく」感じられてしまうからだ。
その「安くさく」するワードを、桜井さんは敢えて使用し、
それでいて、ここまでセンスのある歌詞に仕上げてしまうのがすごい。
そんな手法を桜井さんは結構使っている。その他の例はまた次の機会に・・・。

そして「永遠」を擬人化することで、「永遠」なんてものはこの世にはないんだ、
という皮肉な内容に仕上げている。なんとも「オシャレ」な歌詞である。

ベストテイク

この曲は数々のLIVEで披露されている。
その中でも、小生がベストテイクオブ『Worlds end』だと思っているのは、
DOME TOUR 2009 ~SUPERMARKET FANTASY~ IN TOKYO DOME」で披露された時である。
www.dailymotion.com
最後の桜井さんの「エーオー」の叫びがたまらない。

そして、2019年6月26日に発売されるLIVE DVD & Blu-ray
Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸
にも収録される予定とのことなので、まずはその時のパフォーマンスがどうなっているのか、
非常に楽しみなところである。

その他の「Mr.children」記事はこちらから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング