面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・名曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ『くるみ』編の話

f:id:dunbine6000:20190429150631j:plain

今回の曲

今回選んだ曲はコチラ
『くるみ』
2003年11月19日に両A面シングル『掌/くるみ』としてリリースされた。
後に2004年4月7日にリリースされたアルバム
シフクノオト』に収録される。
ミディアムテンポながらも後半にかけてのアレンジがドラマティックな盛り上がりを見せて、
儚さ」も「切なさ」も「力強さ」も感じることができる一曲となっている。

『くるみ』とは何か

タイトルの『くるみ』とはそもそも何を表しているのか。
それは、「これから来る未来」を擬人化したものである、とのこと。
「キャバクラ」などの「源氏名」からヒントを得た、的な話もあるが、
それはまあ、置いといて(ということは女性をイメージしているんだろう)、
歌詞も「くるみ」という名の人に呼び掛けているような形となっている。

歌詞をメロディに詰め込む手法

 
 良かったことだけ思い出して
 やけに年老いた気持ちになる
 とはいえ暮らしの中で
 今動き出そうとしている
 歯車の一つにならなくてはなぁ

一番のサビの部分。
一聴すると、かなりの文字数をメロディに無理やり押し込んでいるように感じるが、
それを聴き心地を悪くすることなく上手に当てはめている。
これは「佐野元春」が元祖と言われ、独自の行間で言葉を詰め込むのがうまい。
でも「ミスチル」もそういう手法を使っている曲が多い。
それにしても見事にうまくメロディにはめ込んでいるよなあ。アッパレ。

この曲で一番言いたかった部分

 どこかで掛け違えてきて
 気が付けば一つ余ったボタン
 同じようにして誰かが 持て余してたボタンホールに
 出会うことで意味が出来たらいい

これは2番の歌詞のサビであるが、
桜井さんはこの曲で一番大事な歌詞がこの部分である、と語っている。

どんな人も、人生の中で間違えたであろうと後悔する選択はいくつもあるだろう。
でもそんな間違いさえも、大切な誰かと出会うために必要な選択であったのなら、
それはもう間違いではなく正解になる。そんな意味が込められているのだろう。




MVが神がかっている

vimeo.com
CD EXTRAとしてミュージックビデオが見れるようになっており、
このMVが「感動する」「泣ける」と当時話題となった。
架空のバンド「Mr.ADULTS」が登場する話で、
それぞれ燻った、草臥れた、うだつの上がらない日常の生活を抜け出そうと、
ボーカルの作った曲(これが『くるみ』)を軸に、中年のおじさん4人がバンドを結成し、
夢をもう一度追いかけようとするも、結局うまくいかず解散?してしまうが、
もう一度やってよかったな、後悔はないな、的な感じで終わる。
最後に「Mr.ADULTS」と命名した時のメモをボーカルが投げ捨て、
それをたまたま通りかかった桜井さんが拾い、もう一つの名前の案であった
Mr.children」というメモを見て、それがきっかけで「Mr.children」が生まれた
的な展開となっているが、これはもちろんフィクションである。
しかしそれを信じてしまう人もいたらしい。

ドコモのCMもいい

www.youtube.com
発売当初はノンタイアップが、後に「ドコモ」のCMの曲として起用される。
このCMがまたいいのだ。
何がいいと言われたらうまく言えないんだけど、
静止画が淡々と切り替わる演出もいいし、この曲になんだかマッチしている。
そしてラスサビを使用しているところが最も大きい部分である。
あの神がかったラスサビに、この映像が合わせると・・・。
もう言葉は出ない。
分かってくれる人、いるかな・・・。

様々なアレンジ

この曲は『くるみ - for the Film - 幸福な食卓』として
シングル『しるし』のカップリングとしてリアレンジされ収録されたり
(映画のために作られた)、LIVEでも原曲と違うアレンジ、違うキーで
披露されることが多い。キー高いもんなあ・・・。
でもやっぱり原曲ママのアレンジ、キーが一番いい。
www.dailymotion.com

人は矛盾した生き物

 今以上をいつも欲しがるくせに
 変わらない愛を求め歌う
 そうして歯車は回る
 この必要以上の負担に
 ギシギシ鈍い音をたてながら

この歌詞の通り、確かに人間は矛盾した生き物なんだよな。
でもこの社会と歯車となって、明日も生きていかなきゃいけないな。
この曲を聴くと、そう考えさせられる。

その他の「Mr.children」考察記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング