面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・名曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ『sign』編の話

f:id:dunbine6000:20190508163227j:plain

今回も、「Mr.children」の曲の考察を様々な観点から進めていきたいと思う。

今回の曲

今回選んだ曲はコチラ
sign
2004年5月26日にシングル曲としてリリースされ、
後に2005年9月21日にリリースされたオリジナルアルバム
『I ♥ U』に収録される。
ミスチル王道のミディアムバラードで、
日本レコード大賞の受賞曲でもある。

アルバム『シフクノオト』を総括した曲

この曲は、オリジナルアルバム『シフクノオト』が完成した直後、
そのアルバムを一つに凝縮したような曲ができ、それがこの曲であると桜井さんは語っている。
『シフクノオト』は「日常の何気ないものが大切」をテーマにしており、
この『sign』もそのテーマに沿った内容となっている。
しかし、『シフクノオト』には収録されず、次作である『I ♥ U』に収録されることとなるが、
『I ♥ U』は「衝動」というテーマの元、クセの強い作品がズラリと揃っているため、
この曲はアルバムの中では浮いてしまっている。
でもその「違和感」が逆におもしろい、とも桜井さんは言っている。

ドラマの内容に沿った曲

そして、この曲が最も象徴しているものとして、タイアップであったドラマが挙げられる。
TBS系ドラマ『オレンジデイズ』の主題歌になっており、
「手話」をテーマとしたこのドラマの内容に、『sign』というタイトルもピッタリはまっている。
この曲は世間的には、おそらく「sign」=「手話」というイメージが強いであろう。
しかしながら、この曲は「日常にあるすべてのものが自分に向けられているサインなのだ」
という歌詞の内容であるため、すべての人に向けた、全方位な歌だと小生は捉えている。




歌詞の考察

 ありふれた時間が愛しく思えたら
 それは”愛の仕業”と 小さく笑った
 君が見せる仕草 僕に向けられているサイン
 もう 何ひとつ見落とさない
 そんなことを考えている

これは1番のサビの歌詞であるが、
「愛の仕業」という言い回しがほんといい。
「仕業」という言葉は本来マイナスな意味で使われるが、
ここではプラスの意味で捉えることができる。
そして1番のサビでは「君」から「僕」へ向けられている
サインに言及していることがわかる。

 僅かだって明かりが心に灯るなら
 大切にしなきゃ と僕らは誓った
 めぐり逢ったすべてのものから送られるサイン
 もう何ひとつ見逃さない
 そうやって暮らしていこう

次は2番のサビ。
今度は「めぐり逢ったすべてのもの」から「僕ら」へのサインについて
言及している。
つまり、今まで過ごした日々のすべてが何らかのサインであり、
意味のないものなんてないんだよ、ということを伝えていると考察できる。
まさに「全方位」に向けた歌だということがここでわかる。

サビのメロディ

普通サビは曲の盛り上げ部分のため、Aメロ、Bメロより
高いキーになるのが常套手段なわけだが、この曲のサビのメロディは、
低いキーから静かに入り、この曲のタイトルである「サイン」のところで
最も高くなり、そしてサビの最後にはまた静かに終わる、という構成となっている。
しかし、演奏はサビ前でドラムのフィルインが入り、そしてストリングスが入り、と
反比例して盛り上がりを作り出す。だからといって決して歌を邪魔することなく、
曲の雰囲気をキープしたまま、サビを奏で、歌を引き立てる。
絶妙なバランスの元、この曲のサビは成り立っていると考える。

日常に潜むサインを見つけよう

この曲は、「ラブソング」のようで、そうじゃない面もあり、
日常に潜んでいる大事なサインを見逃すことなく生きていこう
というメッセージも含まれている。
退屈に思える普段の何気ない日にも、
きっと人生において大切な何かが隠されている。
そう思うと、退屈に思えた日常も、キラキラ輝いて見えるかもしれない。
そんなことを考えている。

www.youtube.com

その他の「Mr.children」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング