面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・盛り上がる曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ『エソラ』編の話

f:id:dunbine6000:20190517172347j:plain

Mr.children」の曲を考察していくこのコーナー。
今回で記念すべき30曲目になる。
だからといって特別なにかするわけでもなく、
いつもと同じようにやっていく所存である。

今回の曲

今回選んだ曲はコチラ。
『エソラ』
2008年12月10日にリリースされたアルバム
SUPERMARKET FANTASY』に収録されている曲であり、
アルバムのリードナンバーにもなっている。
その後、アルバム曲ながら、2012年5月10日にリリースされたベストアルバム
Mr.Children 2005-2010 』にも収録される。

これぞ「Mr.children」の真骨頂と言えるような、
アップテンポの「ザ・ポップソング」である。

曲が作られた背景

まず、桜井さんは『エソラ』のモチーフになった曲として、
たくさんのアーティストがカバーをしている『君の瞳に恋してる』だと語っている。
最初桜井さんは、サビ前にイントロと同じメロディを持ってくる
この曲が嫌いだったようで、しかし改めて聞いているうちに、
こんなに聞いている人の気持ちを盛り上げる構成となっているのは
素晴らしい、と思い直し、そんな曲を作ろうとして出来た曲が『エソラ』である。
そんなわけで『エソラ』もサビ前にイントロと同じメロディがくる構成となっている。

タイトルの由来、そして歌詞

タイトルの『エソラ』は「絵空事」からきている。
当初、この曲の「メロディ」だけは完成していたが、
「歌詞」がどうしても書けなかったようで、
しばらく放っておいたようだ。
そしてアルバムのジャケットを候補を見ているうちに、
森本千絵」氏の作ったデザインを見て、「これだ」
と思い、歌詞を一気に書き上げた、というエピソードがある。
そのジャケットはそのまま本採用された。それがコチラ↓
f:id:dunbine6000:20190517174927j:plain:w300
そして「森本千絵」がこのデザインに仮に名づけていた名前
SUPERMARKET FANTASY』もそのままアルバム名に採用され、
そして『エソラ』のMVはこのジャケットのイメージをそのまま映像化している。




対局な事柄を並べる歌詞

歌詞は、全体的に前向きで、キラキラした感じである。
アレンジが究極のポップソング的なものになっているため、
それに合わせた形(そしてジャケットのイメージ)だと思われるが、
その中でも桜井さんらしい歌詞があるので紹介したい。

 明日へ羽ばたく為に
 過去から這い出す為に

 忘れないために
 記憶から消すために

 めぐり逢う度に
 サヨナラ告げる度に

これらはすべてサビの終わり部分の歌詞であるが、
すべて対局な事柄を並べている。
この手法は他の曲でも使われているが、
対局な事柄を並べることにより、どんな場面にも適用される、
という意味を示している、と考察した。
この曲の場合は、どんな場面でも気持ち次第で
ポジティブに捉えることができるんだ、ということを
伝えていると考える。

この対局な事柄を並べる手法、小生は好きである。
でも真似できないんだよな。
チョイスしている言葉のセンスがすごすぎる・・・。
なんでこんな歌詞書けるの?教えて桜井さん!!

LIVEでは超定番曲!!

この曲を発表してからというもの、
その後のLIVEではほとんど、といっていいほど
披露されている超定番曲となっている。
それもそのはず、この曲の盛り上がりといったら
他のどの曲も及ばないくらい凄いことになっている。
Mr.children」のLIVEに行って、
「Rock me baby tonight」を合唱することは、
コンビニで弁当を買って「温めますか?」と聞かれることくらい
当たり前となりつつある。
だからたまたま行ったLIVEでこの曲が披露されなかったらと思うと・・・。
怖くて夜も眠れないのである。

www.dailymotion.com

その他の「Mr.children」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング