面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【グルメ・スタバ】「スターバックス」にて期間限定「スタアバックス珈琲」メニューを頼んでみた(プリンアラモードフラペチーノ編)の話

f:id:dunbine6000:20190523225136j:plain:w300

はじめに

「スタバ」ではもっぱら「コーヒープレス」を頼む日々
である小生(言うほど行ってはいない)ではあるが、
この度、「スタアバックス珈琲」なるものがあるとのことなので、
流行に乗っかり、その期間限定メニューを頼んでみることにした。
(「コーヒープレス」の記事はコチラから↓)
www.bystonwell-blog.com

「スタアバックス珈琲」とは

スターバックス」が5月15日~6月18日の期間限定で実施しているプロモーション。
日本の喫茶店文化を思わせる「どこか懐かしくどこか新しい」というコンセプトの元、
レトロカルチャーに今をかけ合わせたドリンクやフードメニューを豊富に取り揃えたもの、
ということである。

「スタアバックス珈琲」メニュー

f:id:dunbine6000:20190524002255p:plain:w300
f:id:dunbine6000:20190524002315p:plain:w300
「スタアバックス珈琲」には、
ドリンク3種類、フード3種類の計6種類メニューがある。
その中で小生が選んだものとは・・・。

プリンアラモードフラペチーノ」

f:id:dunbine6000:20190524002545p:plain
「水出し珈琲ライム」も捨てがたいところだったが、
ここは一番押しているであろう
プリンアラモードフラペチーノ」を頼むことにした。
普段は「スタバ」にきても「甘い系」は一切頼まないが、
流行には逆らわないのが小生のポリシーである。
f:id:dunbine6000:20190524002829j:plain:w300
f:id:dunbine6000:20190524002854j:plain:w300
見るからに甘そうだ。生クリームが強敵だな・・・。



予想通り、ファーストコンタクトはめっぽう甘かった。
しかし、店員さんがお好みでかき混ぜてください、と言ってくれたので、
南無三(と言ったかどうかは置いといて)とぐるぐるかき混ぜてやった。
そうすると、カラメルの苦みと生クリームの甘さ、
そしてフルーツジェリーの甘酸っぱさがいい感じに合わさって、
オジサンでも口に合うくらいの適度な甘みとなって、いい感じだ。
もっとプリンパフェ感を全面に押し出してくるのかと思いきや、
そこまでプリンを感じさせない。
(カラメルの苦みは強く出てて、それが逆にいい感じだった)
ただ、オジサンが一人で飲むには多少の勇気は必要であろう。
覚悟して頼むといいだろう。

「看板」

全国の20ヶ所限定で、
「スタアバックス珈琲」の看板が設置されているようなのだが、
小生が来た店には予想通りなかった(田舎だから仕方ないね)。
しかし、申し訳ない程度に紙でできたミニチュア看板はあった。
f:id:dunbine6000:20190524003941j:plain:w300
これはこれでカワイイではないか。
「ある」と「ない」のでは雰囲気違うよね。
多少なりとも気分を味わうことはできたかな。
次は「水出し珈琲ライム」を頼んでみよう。
これならオジサン一人でも行ける・・・と思う。


その他の「グルメ」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング