面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・名曲】「Mr.children」がとにかく好きなんだ『彩り』編の話

f:id:dunbine6000:20190527173750j:plain:w400

今回の曲は、CMの曲として使われたり、MVが作成されたこともあり、
シングル曲ではないが、割と知名度が高いかもしれない。

今回の曲

今回選んだ曲はコチラ。
『彩り』
2007年3月14日にリリースされたオリジナルアルバム
『HOME』に収録された曲であり、アルバムのリード曲でもある。
後に2012年5月10日にリリースされたベストアルバム
Mr.Children 2005-2010 』にも収録される。

『HOME』というアルバムのテーマを象徴するような、
あたたかくてオーガニックなミディアムテンポの曲である。

曲が作られた背景

この曲は「ap bank fes」で披露することを想像しながら作られた旨を
桜井さんは語っている。また、小林武史に「もっと世界に向けて」という無茶振りを
それは違うんじゃないか、と思い、その違うと思った理由を見つけ出すかのように、
この曲を書き上げたという。
普通のフェスとは違い、とても穏やかな雰囲気のため、
このような曲が出来上がったのであろう。
そして、この曲を軸に、『HOME』の他の曲も出来上がっていったという。
また、桜井さんは、「ミスチルはあたたかい」と言われていたが、
過去の作品を改めて聴くと「そんなにあたたかくないな」と思ったようで、
もっとあたたかい曲を、という意図もあったようだ。

あたたかすぎて・・・

小生は当初、『HOME』というアルバム、そして『彩り』自体、
「どうなんだろう?」と良さを見出すことが出来ずにいた。
小生は決して「ミスチル」を「あたたかい」なんて思っておらず、
むしろ社会を風刺する歌詞や、ぐちゃぐちゃな大人の恋愛を描いた歌詞に
惹かれていた節があったので、ここまで「あたたかさ」に特化したものを
すんなり受け入れることが出来なかった。
(でも『やわらかい風』は最初から好きだった)

『やわらかい風』の記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com

しかし、LIVEでのパフォーマンスを見て、180度変わってしまった。
www.dailymotion.com
このピアノ1本で一番を歌い上げるアレンジ。
そして2番から入ってくるバンドサウンド
「あたたかい」か「あたたかくない」かとかどうでも良く思わせてくれた。
「イイ」もんは「イイ」のである。理由なんか考えなくていい。
(こうやってコロコロ気持ちが変わるのは日常茶飯事)




歌詞に関して

歌詞に関しては、ここでは深く考察しないでおく。
というのも、歌詞にものすごく惹かれた、という感情があまりないからだ。
アレンジやメロディ、そしてLIVEでもパフォーマンスだけで、
この曲は小生にとって十分だからだ。
とはいえ、中身についてはチラッと触れたいと思う。

この曲を要約すると、普段何気なく行っている仕事、行動、言動など、
まるで意味のないように思えて、実は回りまわって世界を変えているかもしれない。
だから意味がないことなんてないんだ、という内容である。
桜井さんが普段から「日常」を大切にしていることは、
この曲が発表される前から分かっていたことで、特に驚くべき内容ではなかった
ということもあったのかもしれない。

また、1番のAメロの出だしが「ただ」で、2番のAメロの出だしが「いま」で
足して「ただいま」となっている(「ただいま」という歌詞が曲中にある)という
「言葉遊び」がすごい、みたいなことをテレビでやっていたが、
「言葉遊び」として取り上げる曲は、この曲以外にももっとすごいやつがあったろうに、
と捻くれた感情をもった人は小生だけではあるまい。

ピアノアレンジに関して

この曲は、特にピアノアレンジが全面に出ていることにより、
アンチ「コバタケ」にしてみたら、気に食わないと思うのは仕方ない。
しかも、その分ギターが目立っていないわけで、
田原さんファンにしてみたら、納得いかないのは当たり前なのである。
しかし、それを補って余るくらいに「コバタケ」はすごい。
アレンジが神がかっている。この曲にしてもそうだ。
そんな「コバタケ」のピアノアレンジが超絶光るところも
注目して聴いてみていただきたい。

その他の「Mr.children」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング