面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【雑談】衝動買いで手に入れた新型「i pad pro」でブログを書いたらはたして捗るのかの話

f:id:dunbine6000:20190610225020j:plain:w300

ブログ更新が滞っている理由

最近ブログを書くことが億劫になってきて、
更新頻度もあからさまに減っている。
書くネタがない、とかではない。
(ネタが面白いかどうかは置いといて)
単純にパソコン部屋に行って机に向かって
パソコンを起動したり、
パソコンで作業する行為がめんどくさいのである。
家に帰ったらテレビ見たいし動画見たいし
スマホ弄りたいしでやることいっぱいあるし、
しかもゴロゴロしたいのである。
家ではゴロゴロしたいものなのである。
しかし、このままではいけない。
ブログを更新しなくては。
何かいい方法はないものか...。

思いついた対策

とにかく家ではゴロゴロして、
スマホを 穴が空くまで弄りたいと考えている小生。
じゃあスマホでブログ書いたらいいじゃん、
という声もあるとは思うが、
スマホで文字打つのはさらにめんどくさい。
パソコンで書くより時間もかかっちゃうしね。
もっと気軽に手軽にブログを書きたい...。
でも文字が打ちやすいくらいの大きさは欲しい...。
ということは、スマホとパソコンの中間のものが
あればいいんじゃね?
それってタブレット的なものなんじゃね?
と思いついたのである。

どうせ買うなら

というわけで、思いつきのままに
愛のままにわがままに、タブレット的なのを
購入することを決意したのである。
そしてどうせ買うなら最新の、
スペックがいいやつを買ってしまおう。
そしてiPhoneユーザーであることをいいことに、
iPad Pro」を買ってしまうことにしたのである。

これまで、タブレット的なのを欲したことはなかった。
というのも、使い道を見出すことが出来なかった。
iPhoneで十分だったのである。
動画だって小さい画面が嫌ならテレビに飛ばしちゃえばいいし、
ゲームも小さい画面で十分満足できているし、
じゃあ何のために使うのが正しいの?
世間的にはどんな使い道が浸透しているの?
と、知らないうちに敬遠してしまっていたが、
気軽に手軽にブログを書く、という使用方法で
購入しても悪くないんじゃね?と、
自分に言い聞かせるようにショップへ向かったのであった。




新型「iPad Pro」のスペック

f:id:dunbine6000:20190610224944j:plain:w300
スペック詳細(11インチ)

【本体サイズ(幅×高さ×奥行)】
178.5x247.6x5.9mm

【本体重量】
468 g

【ディスプレイ】
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載12.9インチ(対角)
LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2732 x 2048ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度

【チップ】
64ビットアーキテクチャ搭載A12X Bionicチップ
Neural Engine
組み込み型M12コプロセッサ

【無線規格】
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac)、
同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、
MIMO対応HT80
Bluetooth 5.0テクノロジー

【センサー】
Face ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー

【バッテリー駆動時間】
Wi-Fiでのインターネット利用、
ビデオ再生、
オーディオ再生:最大10時間

【付属品】
USB-C充電ケーブル(1m)
18W USB-C電源アダプタ

【仕様】
充電と拡張性:USB-C
電源:電源アダプタ、
またはUSB-C経由でコンピュータを使って充電
オペレーティングシステムiOS 12

【カメラ】
12メガピクセルカメラ、F/1.8絞り値、
最大5倍のデジタルズーム、
5枚構成のレンズ、クアッドLED True Toneフラッシュ、
パノラマ(最大63メガピクセル)、
サファイアクリスタル製レンズカバー、
裏面照射型センサー、ハイブリッド赤外線フィルタ、
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)、
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos、
写真とLive Photosの広色域キャプチャ、
強化されたローカルトーンマッピング、露出コントロール
ノイズリダクション、写真のスマートHDR、自動手ぶれ補正、
バーストモード、タイマーモード、写真へのジオタグ添付、
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

【ビデオ撮影】
4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、
720p HDビデオ撮影(30fps)、
クアッドLED True Toneフラッシュ、
1080p(120fps)および720p(240fps)
スローモーションビデオに対応、
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)、
連続オートフォーカスビデオ、
ノイズリダクション、
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影、
再生ズーム、ビデオへのジオタグ添付、
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264

【TrueDepthカメラ】
7メガピクセルの写真、ポートレートモード、
ポートレートライティング、アニ文字とミー文字、
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、
Retina Flash、F/2.2絞り値、
写真とLive Photosの広色域キャプチャ、
スマートHDR、裏面照射型センサー、
自動手ぶれ補正、バーストモード、
露出コントロール、タイマーモード

【スピーカー】
4スピーカーオーディオ

【マイクロフォン】
通話、ビデオ撮影、
オーディオ録音のための5つのマイクロフォン

これだけのスペック、分かる人にしたら、
とてもすごいんだろうけど、
なんせブログを気軽に手軽に書きたいためだけに
買った小生にはさっぱりなのである。
分かることと言えば、薄くて軽くて4Kである、
ということだけであろうか。
まさに「宝の持ち腐れ」「豚に真珠」
猫に小判」といったところだろう。
なんかすんません...。

結論

結論を言うと、ブログ更新頻度は上がった。
でもそれは物理的な面というよりは、
精神的な面の方が大きい。
要は、せっかく買ったから、勿体無いから、
書かなきゃいけないんだ、という使命感が高まった
ということだろう。いつまで続くことやら...。

でも実際に手軽さ、気軽さは感じられる。
そしてiPhoneよりも、パソコン感覚で文字が打ちやすい。
そしてそして画像も撮ったものをそのまま載せられるので
やりやすい。意外と考え方は間違っていなかったのかもしれない。
iPad Proである必要はないかもしれないが...。)
ちなみに、今キーボード(兼ケース)を注文していて、
まだ届かないので、こういう状態でしようしている↓
f:id:dunbine6000:20190610230353j:plain:w300
キーボードを使えば、さらに捗るかもしれない。
それを期待しようと思う。

その他の「雑談」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング