面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ミスチル・オススメ・比較】「Mr.children」似ていないようで似ている?『ラブコネクション』と『Dance Dance Dance』を徹底比較してみたの話

f:id:dunbine6000:20190612192047j:plain
今回は趣向を変えて、とある2曲を比較する記事となる。
個人的に似ていると感じている2曲を比較して、
本当に似ているのか、はたまた全く似ていないのか、
検証してみることにした。

1曲目

1曲目はコチラ。
『ラブコネクション』
1994年9月1日にリリースされたオリジナルアルバム
『Atomic Heart』に収録されている曲。
後に1994年11月10日にリリースされたシングル
Tomorrow never knows』のカップリング曲として収録される。

2曲目

2曲目はコチラ。
『Dance Dance Dance』
この曲も同じく1994年9月1日にリリースされたオリジナルアルバム
『Atomic Heart』に収録されている曲である。

同じアルバムに収録された曲が似ているとは、
にわかにも信じられないかもしれない。
そして一聴しても「全然似てないじゃん」
という声がでるだろう。それはごもっともだと思う。
ではなぜに小生は似ていると感じるのか。
分析していこう。

エロい歌詞

最初は歌詞の雰囲気が似ているのではないか、と考える。
まずは『ラブコネクション』の歌詞から。

ワンタッチの関係ではエクスタシーはない
トゥマッチな愛情に触れてもつらい
Oh 妙に醒めたポーズで今日も
Woo つれない素振り…

“大胆気ままに恋はエクササイズよ"
なんちゃって本当は傷つくのが恐い
Oh メロドラマに涙流して
Woo 可憐な君よ

Tell me what do you want
Oh what do you think baby
僕を揺さぶってくれよ
What do you want
一体どうして欲しいんだ
今夜も Oh baby baby please yeah

シェイプアップが成功したSexyなスタイル
ノータッチじゃ no no!! 愛想がないんじゃない
Oh 高飛車なフリして結構
Woo お世辞に弱いね

Tell me what do you want
Oh what do you think baby
君の好きにしていいよ
What do you want
お気に召すまま 僕を転がしてくれ

Oh what do you want
Oh what do you think baby
君を奪い去ってくんだ
What do you want
自由にしてあげよう
僕が Oh baby baby please yeah

Oh what do you want
なんだかんだ言ったって
老いてく君の美貌も
いいだろう訳ありの過去も
愛してあげよってなもんさ

What do you want
Oh what do you think baby
僕を揺さぶってくれよ
What do you want
お気に召すまま 僕を転がしてくれよ
What do you want
Oh what do you think baby
君を奪い去ってくんだ
What do you want
自由にしてあげよう
僕が Oh baby baby please yeah


次に『Dance Dance Dance』の歌詞。

クルクルと地球儀を回して
世界中を旅してる気分
あまりに低い天井を見上げれば
救いようもなくまた寝転がる
Give me love. give you up. give me one true
Give me love. give you up. give me one true

テレビに映るポーカーフェイス
正義をまとって売名行為
裏のコネクション 闇のルート
揉み消された真相

君の傷口そっと舐めると
よじれて涙がこぼれた
ビタミン剤が主食の生活で
ヘルスメーターにも笑われ
Give me love. give you up. give me one true
Give me love. give you up. give me one true

今日もハイテンションロックンロールスター
虚像を背負ってツイスト&シャウト
みんなでファッション舞い上がれ
落ちる定めのヒットチャート

満たされない夢と欲望の彼方に
残された君と希望の橋を渡ろう
さぁ踊ろう世界が終わるまで
その未来を僕の手に委ねたなら
Dance Dance Dance

飽和しそうなほどのインフォメーション
欲望が服着て歩く グラビアの彼女に恋をして
一目会って嫌気がした
Give me love. give you up. give me one true
Give me love. give you up. give me one true

今日もディスカッション深夜のトーク
偽善だらけの love & peace
きわどいコレクション ランジェリーラブ
今夜も一人 lonely play

満ち足りたマニュアルにそった恋の中
もがいてる将来有望な僕らがいるよ
さぁ踊ろう 鼓動が止まっても
気にしないよ
君ともっと汚れてみたい

満たされない夢と欲望の彼方に
残された君と希望の橋を渡ろう
さぁ踊ろう世界が終わるまで
その未来を僕の手に委ねたなら
Dance Dance Dance



共通しているのは、歌詞がエロいことだ。
『ラブコネクション』では冒頭から
「ワンタッチの関係ではエクスタシーはない」
なんて振り切っている。
『Dance Dance Dance』では
「きわどいコレクション ランジェリーラブ
今夜も一人 lonely play」
とこれまた振り切った歌詞で攻めている。
この時期の桜井さんの心境も関係しているのかも。
また、英語詞があるなどの点も共通している。

印象的なギターリフそしてベース

どちらの曲も、前奏からエレキギター
激しいリフをかましてくる。
どちらもとても印象的なリフで、
一度聴けば耳に残るものである。
さらには『Dance Dance Dance』ではベースソロ、
『ラブコネクション』ではソロとまではいかないが、
ベースの目立つフレーズがあり、その点でも共通している。
m.youtube.com
www.dailymotion.com

LIVEでは鉄板で盛り上がる

どちらの曲も、LIVEでは盛り上がるナンバーであり、
リリースから20年以上経った今でもLIVEで披露される
頻度が多い。
まもなく発売されるLIVE DVD Blu-ray
Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』
では『Dance Dance Dance』の方が収録されており、
最新の「ミスチル」が演奏する『Dance Dance Dance』は
また格別である。

結局どっちがいい?

似ていると思っている2曲ではあるが、
実は小生は『Dance Dance Dance』の方が好き。
デジタルサウンドとバンドサウンドの融合、
大サビでの転調など、盛り上がり要素が満載。
似ているとは思っていても、違いはあるから
お気に入り度は変わってくるよね。
でもどちらの曲も、いつまでもLIVEで
披露して欲しい曲ではある。
その思いも似ているところの一つである。

その他の「Mr.children」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング