面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【雑談】『キン肉マン』の超人達のテーマソングがイイ曲揃い!(正義超人編)の話

f:id:dunbine6000:20190616223428j:plain

はじめに

みなさんは『キン肉マン』をご存知だろうか。
1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された
プロレス系格闘漫画である。
といってもギャグ満載なので、純粋な格闘漫画とは
ほど遠いところも否めない。
そして、『キン肉マン』といえば、
たくさんの「超人」達が登場することでも有名。
その超人達のフィギュア的な存在、
キン消し」なるものがあり、一大ブームを巻き起こした。

今回はその話ではなく、その「超人」達の
「テーマソング」にスポットを当てたい。
これは、「キン肉マン」がアニメ化された際に、
各超人ごとに作られたものである。
すごいのは、20人以上の超人ごとのテーマソングが
作られていることである。
しかもクオリティが高いものばかりなのである。
そしてその中で小生が厳選した、オススメ曲を
ご紹介したいと思う。今回は「正義超人」編である。

「ベルリンの赤い雨」

m.youtube.com
これは「ブロッケンJr.」のテーマソングである。

歌詞↓

「俺はブロッケンJr. 俺の親父はリングで殺された」
ハイル!ブロッケン ハイル!ブロッケン・・・
「親父の名はブロッケンマン
かつてはドイツの鬼と恐れられたファイターだ
超人はリングで死ねれば本望だという・・・
だが俺は許さん 親父の仇をきっと討ってやる!」

俺のハートに棲みついた悪魔が
おまえ殺せと叫んでいるのさ
リングに立つと復讐の炎が
まわすキックをナイフに変えるぜ
ああ ベルリンに赤い雨が降る
ああ 悲しみの軍靴がきょうもひびく
ハイル!ブロッケン 残虐ファイトで
ハイル!ブロッケン とどめをさすぜ
ハイル!ブロッケン 今夜はとくべつ
おまえの暖かい血が憎い

「今まで俺がリングで葬った奴は数しれん
いろんな奴がいたぜ 俺よりも凄い残虐ファイトの奴
華麗なテクニシャン ド迫力のパワーの持ち主
しかし キン肉マンという奴は不思議な超人だ
奴と戦っていると
なぜか反則技を使うのが嫌になってきやがる・・・
フフフフ・・・
ベルリンの夜風がヤケに身に沁みるぜ」

軍服を着た殺人鬼だなんて
うれしいことをいってくれるなよ
正義を気取った超人は俺が
反則技で地獄に送るぜ
ああ ベルリンに赤い雨が降る
ああ 火を吹いて稲妻まちをこがす
ハイル!ブロッケン マットに倒れて
ハイル!ブロッケン 苦しむがいい
ハイル!ブロッケン かくごしていろよ
おまえの暖かい血が憎い
ハイル!ブロッケン 残虐ファイトで
ハイル!ブロッケン とどめをさすぜ
ハイル!ブロッケン 今夜はとくべつ
おまえの暖かい血が憎い

これは今の地上波では流せないだろうな。
でもおわかりの通り完成度は高いでしょ?
ブロッケンJrはドイツ出身の超人なので、
こういう曲になっちゃうのである。
ちなみにどのテーマ曲にも必ずセリフが入る。




「悲しみのベアー・クロー 」

m.youtube.com
これは「ウォーズマン」のテーマソングである。

歌詞↓

「俺はウォーズマン
人呼んでファンティングコンピューター
俺のことをロボ超人だと笑わば笑え
確かに俺は体の半分はロボットで半分は超人だ
体の中に機械やコンピューターが組み込まれている
だが言っておくが俺をバカにするやつは
この鉄の爪 ベアー・クローが
胸に突き刺さるのを覚悟しとくがいい」

ベアー・クローが 鋭く光り マットに広がる 地獄絵図
パロ・スペシャルで 返り血浴びる
冷たいファイティング・コンピューター
(ウォーズマン) 苦しみを超えたとき
(ウォーズマン) 微笑みさえ失くしちまった
ロボットでもない 超人でもない
悲しみがリングにこぼれ落ちる
愛を知らずに 夢にはぐれて AhーLonely night

「シベリアの冬は厳しい
俺が生まれ育ったのはそのシベリアの小さな村
出来損ないの超人として皆に石を投げられたものさ
そして次に入ったのは蛇の穴
やられ専門のレスラー養成機関
だが生まれながらに俺に備わっている
戦う本能が負けることを許さなかった
その相手をぶちのめして雪の中を逃げたのさ
この世は勝たねばやられる だから勝つために俺は戦う
だが言っておくが俺の体の中にも
赤い血が流れているんだぜ」

鉄のハートが重いおまえは
戦うことが 生きがいなのか
黒い悪魔と仇名されても
無口なファイティング・コンピューター
(ウォーズマン) 残酷なラフ・ファイト
(ウォーズマン) 仮面の下に悲劇を隠す
ロボットでもない 超人でもない
悲しみがリングにこぼれ落ちる
愛を知らずに 夢にはぐれて AhーLonely night
(ウォーズマン) 苦しみを超えたとき
(ウォーズマン) 微笑みさえ失くしちまった
ロボットでもない 超人でもない
悲しみがリングにこぼれ落ちる
愛をしらずに 夢にはぐれて AhーLonely night

ウォーズマンはシベリア出身なので、
こんな曲調になっている。
テーマソングの中で唯一のバラードといっても
過言ではないだろう。
こんなに切なさが込み上げてきて、
テンションが全く上がらないテーマソングは
そうそうないであろう。

「虹色の騎士」

m.youtube.com
これは「ロビン・マスク」のテーマソングである。

歌詞↓

「子供の頃
私はラグビーの選手になることを夢見ていた
私の名はロビン・マスク
少年時代 すでに私は名門学院チームの
フィフティーンの一員になっていた
しかし私は正義を守らなければならない
超人だったのだ」

女王陛下の旗の下 戦い続ける騎士がいる
飛び出す華麗なテクニック
リングの紳士と人は呼ぶ
ジェントル・ハリケーン 鎧に隠した
ジェントル・ハリケーン 奇跡のパワー
舞え!ロビン・マスク しなやかに美しく 燃えながら
舞え!ロビン・マスク 虹色にきらめいて
霧の彼方の勝利をつかみ取れ

「イギリス代表チームのメンバーに選ばれた日
私は自ら姿を消し、そしてこのマスクの被った
正義を守る通す事は難しく
しかしこれこそ男の仕事
今ではもちろん
超人の道を選んだことを誇りに思っている」

愛に凍えた風の中 希望を捨てない騎士がいる
おりなす技の数々に リングの詩人と人は呼ぶ
ジェントル・ハリケーン 正義の誓いを
ジェントル・ハリケーン 炎にかえ
舞え!ロビン・マスク しなやかに美しく 燃えながら
舞え!ロビン・マスク 虹色にきらめいて
霧の彼方の勝利をつかみ取れ
ジェントル・ハリケーン 鎧に隠した
ジェントル・ハリケーン 奇跡のパワー
舞え!ロビン・マスク しなやかに美しく 燃えながら
舞え!ロビン・マスク 虹色にきらめいて
霧の彼方の勝利をつかみ取れ

ロビンマスクはイギリス出身。
英国紳士の雰囲気を曲でうまく表現している。
とても爽やかな曲調である。
(先程の2曲とは大違いなのも面白い)
ジェントル・ハリケーンと思わず一緒に
歌いたくなってしまうこと受け合いだろう。

第2弾に続く・・・

第2弾はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


その他の「雑談」記事はコチラから↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング