面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【ガンダム】「THE GUNDAM BASE」に行って限定プラモ買ってみた、その他諸々の話

f:id:dunbine6000:20190715145628j:plain

前置き

近くで「THE GUNDAM BASE」なるイベントがやっているとの
情報を聞きつけ、これは是非とも参加しなければ、
という積年の思いに駆られ、一路車を走らせ向かう小生であった。
小生の田舎でも行われているなんてビックリ。
他は結構大都市で開催されているのに。
なんでだろう、なんて疑問を抱きつつも、
あまり深く考えないことにした。

「THE GUNDAM BASE」とは

「全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設。
施設内は買って、作って、見て、学んで楽しめる
4つのゾーンで構成されており、
子供から大人までガンプラを存分に楽しむことができます。」
公式サイトより。

つまり、ガンプラのイベントということなんだね。
ガンプラとはもう何年も絡んでないなあ。
ということで、昔々に捨ててきた(いや、実際は捨てていない)
子供心をもう一度拾い上げ、いざイベント会場へ
向かうのであった。

スタンプラリー

イベント会場施設内でスタンプラリーもやっているとのこと。
限定グッズを貰えるらしいので、タダで貰えるものは貰ってやろう、
と意気込んで、年甲斐もなく並んだりなんかして、3種類のスタンプを
集めるのだった。
スタンプがある書く場所には、
トップ画像にもあるようなモニュメントがあった。
その他のモニュメントはコチラ↓
f:id:dunbine6000:20190721200610j:plain
f:id:dunbine6000:20190721200631j:plain
ユニコーンガンダム」と「ストライクガンダム」。
ユニコーンガンダム」はわかるけど、
なぜ「ストライクガンダム」?
中々渋いチョイスである。
どれも結構な大きさで、運んだり設置したりするの、
大変だったろうなあ、って感心してしまった。
そしてスタンプを集めて貰えたのはコチラ。
f:id:dunbine6000:20190721201438j:plain
ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ」の
ステッカーであった。なんだか嬉しい。
まあタダで貰えるものは何でも嬉しいのである。




いざ会場内へ

いよいよイベント会場内へ入ることにする。
会場内は2つに分かれていて、
展示スペースとガンプラ販売スペースがあった。
展示スペースのところをちょっとだけご紹介。
f:id:dunbine6000:20190721202018j:plain
f:id:dunbine6000:20190721202053j:plain
f:id:dunbine6000:20190721210611j:plain
f:id:dunbine6000:20190721210650j:plain
f:id:dunbine6000:20190721210719j:plain
f:id:dunbine6000:20190721210504j:plain
f:id:dunbine6000:20190721210844j:plain
f:id:dunbine6000:20190721211047j:plain
そしてなんといっても特筆すべきはこれだった。
f:id:dunbine6000:20190721211144j:plain
富田靖子さん、ガンダムガンプラ)好きだったなんて・・・
初耳だったわ。湯沸かしポットにしか興味ないと思ってた(偏見)。
しかもラストシューティングにこんなカラーリングするなんて。
攻めてるなあ。イメージと真逆だ。

そしてガンプラスペースへ

ガンプラ販売スペースは、結構な規模であった。
そして販売しているガンプラのほとんどが「限定品」であった。
「限定品」って言葉に弱い。ほんとにそう感じた。
たくさん買ってやろうかと意気込んでいたのだが、
実際に見てみると、「クリアカラー」という限定モノがほとんどで、
「クリアカラー」ってあんまり惹かれない。
しかも、そんなにガンプラ買ったところで組み立てるのがめんどくさい。
ガンプラって最近のものは時間がかかりすぎる。
まあそれほど精巧な作りになっているということだ。
そして小生は一つだけ購入することにした。
それがコチラ↓
f:id:dunbine6000:20190721225648j:plain
HG 1/144 ガンダムベース限定
ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)

なぜこれにしたか。それは一番人気だったからだ。
あと、お手頃価格だったから。
すごく安易な考え。まあいいんだ。

数十年ぶりのガンプラ作成

自宅に戻り、早速ガンプラ作成に挑む。
こういうのはすぐに取り掛からないと
数年ほっといてしまう可能性が高い。

しかし中身を開けてみると気持ちが萎える。
部品多すぎ、細かすぎ。
こりゃ時間かかるなあ。
しかし、腹を決めて作り始めることにした。

作業工程は省くが、半日近くかかり、
なんとか形になった。それがコチラ↓
f:id:dunbine6000:20190721230509j:plain
仕事していてもあまり感じることのない
達成感を得ることができた。
確かにめんどくさいし、時間掛かったが、
ガンプラやっぱり面白いなあ。
もう一個くらい買っておけばよかったかな。

というわけで、「THE GUNDAM BASE」
というガンプライベントに行った話でした。
またこういうイベントやってほしいなあ。
童心に返った気分になった。
こんな経験、あと何度できるだろうか。
しみじみとそう思う小生であった・・・。

その他の「ガンダム」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング