面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

【グルメ】『大戸屋』で期間限定メニュー「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」と人気№1メニュー「鶏と野菜の黒酢あん定食」を食らってやった、の話

f:id:dunbine6000:20200207205343j:plain

1.はじめに

最近「グルメ」記事ばっかりになってきたな・・・。
確かに食べることは好きだから、やむをえないことではあるのだ。
そして一番記事にしやすいのが「グルメ」かもしれない。
意外とスラスラ書けちゃうからね。

ところで、「和食の定食屋」って少なくありませんこと?
小生の地域だけかもしれないが、いざ外で「和食定食」を
食べようと思うと、さあ大変。
チェーン店でもそれ以外でも「和食定食屋」って探してもあまりない。
あったとしても敷居が高くて入りずらい。
だから「中華」とか「からあげ」とかに偏っちゃう。
好きだからいいんだけどね。
そういった中、「大戸屋」は今までになかった
「和食定食」が気軽に食べられる場所だと思う。
まあ最近では時代の流れに押され、
値上げを強行し、客離れがすごい、なんてこともあるらしいけど、
それにしたって他じゃ類を見ない「質」の高い「和食定食」を
リーズナブルに提供している、と小生は思う。

今回はそんな「大戸屋」のレビュー記事と相成ります。
それでははりきってどうぞ。

2.『大戸屋』では「魚」と「お肉」、今夜のご注文はどっち?

大戸屋」とは・・・
株式会社大戸屋(おおとや)は、株式会社大戸屋ホールディングス
運営する、和定食を中心とする外食チェーンストアである。
Wikipediaより)

気軽に行ける、とはいえ、小生もそんな頻繁に
大戸屋」を訪れているわけでもない。
そして「大戸屋」に来たからには、
最初は普段はなかなか食べる機会が少ない
「魚定食」を食べるんだ、と意気込む。
しかし、メニューを眺めているうちに、
「お肉」の誘惑に負けてしまう。


決して完全な「魚」より「肉」派ではない。
むしろ「魚」食べたい派なのである。
「鯖」や「鯵」を好んで食べる派なのである。
しかし・・・。「肉」は恐ろしいね。
脳内で「魚」では満足できない。
「肉」じゃないと満足しない、と
何かの物質が勝手に分泌しちゃってるんだろうね。
そして今日もまた小生は「肉」に手を伸ばすのであった・・・。

3.期間限定メニュー「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」って長い名前だ!

f:id:dunbine6000:20200212215029j:plain
f:id:dunbine6000:20200212215055j:plain
f:id:dunbine6000:20200212215120j:plain
そもそも、小生の中でのランキングで、
「ハンバーグ」は決して上位ではない。
いきなり何を言ってるんだ、といった声が聞こえる。
しかし、気にせずに小生は唱える。
人生において、「ハンバーグ」は優先されない。
しかし、確実に食べる機会は多いのだ。
いわば「当たり前」の感覚で「ハンバーグ」は食べるものなのだ。
そして「大戸屋」では「ハンバーグ」祭り開催中であった。

そんな感じで期間限定メニューである
「味噌デミソースの煮込みハンバーグ」を注文っっっっと。
f:id:dunbine6000:20200212215224j:plain
どれどれ。見た目は「味噌感」全然ナシ男ちゃん。
「トマト」と「葉っぱ」のインパクト強し。
では味のほうはどうだろう・・・。パクリ。
んー。味も「味噌感」あんまりだな。
微かにすっごい奥のほうで味噌を感じる程度。

そして、普通のデミソースより、濃いめの味付けかな。
「トマト」他、野菜たちがその濃い味の罪悪感を打ち消す。
しかし、これはご飯が進んじゃうね。五穀米にして正解。
(というか毎回もったいないという気持ちから五穀米しちゃう)

そして言わずもがな「チーズ」最強。
「チーズ」と「ハンバーグ」の組み合わせは
使わない人は頭おかしい、とまでは言わないが、
もう常套手段。

全体的に「和」っぽさは足りないけど、
「パン」は「ごはん」が欲しくなる。
大戸屋」流のご飯に合うハンバーグ、といった印象だね。




4.定番の「鶏と野菜の黒酢あん定食」も食べてしまう

このメニューはもう「大戸屋」の顔と言っても
過言ではないはず。「鶏と野菜の黒酢あん定食」。
でもリニューアルされているのかな。
初期のころと比べて、見た目が
ヘルシーな雰囲気を醸している、気がする。
あの「黒酢あん」の体に悪そうな
「甘酸っぱしょっぱい味」が何とも言えないのだが、
(「黒酢」という体によさそうなキーワードとは反比例している)
それがお変わりになっていないか、心配だった。
f:id:dunbine6000:20200212215315j:plain
どれどれ。パクリ。
うん。これこれ。この味でした。
これぞ人気No.1の貫禄。
御見それしました。

そして「レンコン」の存在感。
大戸屋さんは「レンコン」の扱いかたお上手。
スタメン起用だけじゃなく、ポジションも完璧。

野菜もあるからヘルシーなんだろうし、
鶏肉だって割とヘルシーなんだろうから、
この「甘酸っぱしょっぱい味」だって
きっとヘルシーなんだろう。
そうでしょ。大戸屋さん。

5.やっぱり割高なのか問題

まとめに入ります。
味もクオリティーも申し分ない。
さすが「大戸屋」といったところ。
満足感も得られました。
(「肉」だから、かもしれないけど)

しかし、やはり懸念されるのは「お値段」。
「味噌デミソースの煮込みハンバーグ定食」
のお値段は「1,182円」(税込:1,300円)。
「鶏と野菜の黒酢あん定食」のお値段は
「810円」(税込:890円)。
うーん。毎日ランチに「大戸屋」となると
やっぱりお高めなのかなあ。
かといって、特別なディナーに「大戸屋
というイメージもちょっと違う気がするし・・・。

でもよくよく考えてみると、
失敗したなあ、という残念な気持ちにはならなかった。
ということは、その気持ちだけで判断するのであれば、
見合う金額なのではなかろうか。

またいつか行きたくなる。
この気持ちが一番大事なのかもしれない・・・。

その他の「グルメ」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング