面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

MENU

【雑談・ゲーム】定番か、マイナーか、名作か。ハマった「ファミコン」ソフトを紹介したい、話

f:id:dunbine6000:20210131101017j:plain

0.前置き

時代が変わるたび、
いろんなものが進化していく。
便利な世の中になっていく。
ゲームも然り。
とうとう「PS5」も発売となり、
作品の質も更なる「リアル」を求め、
現実と仮想の区別が曖昧になってくる。

ゲーム業界は進化を繰り返し、
そしてユーザーもそれに必死に追いつく。
ゲーム性も複雑怪奇化し、
置いてけぼり感は否めない。

こんな時代だからこそ、
原点に帰り、「ファミコン」の
ゲームの「面白さ」を伝えたい。
今だって遜色なく楽しめるゲームは
たくさんある。
さあ、今こそ見せつけてやるのだ。
ファミコン」ソフトの素晴らしさを。

1.ベースボールスター めざせ三冠王

www.youtube.com
SNK 1989年発売
いわゆる野球ゲームではあるのだが、
今は当たり前となってるが、
当時としては珍しい、
「選手を育成できる」要素があるのが
とても素晴らしい。

しかも選手一人ひとりで
パラメーターの限界値が違っていて、
チームに個性が出せるのもいい。

小生流のこのゲームの楽しみ方は、
強くしたチームをリーグ戦に参加させ、
自分のチームも含め、
全てCOM同士で対戦させて、
成績を見ることだ。
意外な試合結果や選手成績が出て、
とても面白い。
(そもそも野球ゲームをプレイするのが
 苦手だという理由もある)

小生的にはこのゲームが今の野球ゲーム
パワプロ」のなどの「走り」となっているのでは、
と考えている。

2.レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

www.youtube.com
コナミ 1989年発売
基本は自分のミニ四駆を強化させ、
レースで勝つことが目的であるが、
双六(すごろく)任せで全てが決まる、
という面がこのゲームの醍醐味である。

お金を手に入れるのも、
パーツを買うのも、
全て出た次第。
レースの日は決まっていて、
それまでにどれだけミニ四駆
強化できるかが決め手になるのだが、
それもこれも全てはすごろく次第。
つまり運任せなのである。
(目押しできるらしいのだが、
 小生は無理でした。)

すごろくパートは直接ミニ四駆
関係ないイベントも多く、
小生的にはレースパートがなくても
十分楽しめる出来となっている。

3.たけしの戦国風雲児

www.youtube.com
タイトー  1988年発売
これまた双六(すごろく)ゲーム。
「日本縦断ゲーム」、「仕官ゲーム」、
「御前試合」、「大名ゲーム」、
「統一ゲーム」、「商人ゲーム」
などたくさんのモードがあり、
意外と飽きずに楽しめるのだが、
とにかく激ムズ。

さすが「たけし」のゲームである。
剣術試合がメインで、
いい「刀」を手に入れることが
重要なのだが、
一番強いであろう刀、
「ぞーりんげん」で戦うと、
なぜか勝てない。
そして剣術試合なのに
ジャンケンで勝負する場合もあり、
むしろジャンケンで勝つ、
というのが必勝法にも思えてくる。

「たけし」のゲームらしい要素もたくさんあり、
「うんこカレー」や「茶屋の‘娘に抱きつく」
などのメチャクチャなイベントがあり、
クリア出来なくても、十分楽しかった記憶がある。

また、「ゴルフ」や「インベーダー」などの
ミニゲームも豊富であり、
ボリューム的にもとても満足できる作品である。

4.がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル

www.youtube.com 
コナミ 1990年発売
アクションゲームの金字塔「がんばれゴエモン」を
大胆にもRPGにしたゲームの第一弾。

中身は何てことないRPGであるのだが、
シナリオやBGMなど、作り込みが素晴らしく、
とても完成度が高い、と小生は思う。

そして一番の特徴は
とにかく激ムズ。
新たなエリアに行った時の
雑魚の強さといったら半端じゃない。
ちょっとやそっとのレベル上げじゃ
とてもじゃないけど進めない。

ダンジョンでも、ボスに辿り着くまでの
道のりも鬼畜で、やっとのことで
ボス戦を迎えるのだが、
そのボスの強さに愕然とする。
全滅を繰り返し、二度とやるか、
と一瞬思うのだが、なぜが再チャレンジを
試みてしまうのである。

最後にもう一つ難易度が高い要素として、
すぐ「データ」が消える、という面がある。
(これは小生のゲーム環境に問題があるのかもしれない)

5.がんばれゴエモン外伝2〜天下の財宝〜

www.youtube.com
コナミ 1992年発売
アクションゲームの金字塔「がんばれゴエモン」を
大胆にもRPGにしたゲームの第二弾。

コチラは第一弾とは違い、難易度はやさしめ。
とはいえこれまた細かく作り込まれており、
完成度は十分。
攻略本がないと進めない、かもしれない。

ネーミングセンスも良くて、
「バーベルの塔」などは秀逸。
乗り物が「ツインビー」など、
コナミ」ならではのお遊びもいい。

前作で仲間だった「コバンネコ」と『ヤエちゃん」はOUT。
「コリュウタ」と「ハヅキ」がIN。そしてこの二人が強い。
主人公である「ゴエモン」が一番弱い。
そんな悲しい仕様となってしまった。




6.ダックテイルズ2

www.youtube.com
カプコン 1993年発売
ディズニーの作品「ダックテイルズ」
をモチーフにしたアクションゲーム。
各面で「宝」を集めて、
その価値(金額に換算する)で
最終的なクリア金額に達する
ことが目的(確かそうだっと思う)。

ゲーム性は普通のアクションゲーム。
「敵」もいるし、穴に落ちたらダメだし。
ちょっとだけアドベンチャー要素があるぐらいか。

どこが「面白さ」なのか、と問われたら、
ぐうの音も出ないが、
なんかやっちゃうんだよね。

隠し通路などが多くて、
難易度もクソむずだし、
クリアしたこともないけど、
それでも挑戦し続けていた。

今やったら「ノスタルジック」で
「センチメンタル」な気分となり、
涙がちょちょ切れること請け合いだ。

ちなみに1作目は「わんぱくダック夢冒険」
という名前らしい。やったことないけど、
ゲーム性はほぼ同じ、らしい。

7.天地を喰らうII 諸葛孔明

www.youtube.com
三国志」を題材にした本宮ひろ志の作品(漫画)
天地を喰らう」をモチーフにしたRPG作品の第二弾。
この作品については以前も記事にしたが、
兎にも角にもBGMが最高。
それだけでやる価値がある。

以前の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

ゲーム性については、
ちょっと特殊で、
各武将の兵士の「数」が
「HP」代わりとなるのだが、
「攻撃力」も併用となっており、
兵士の数が減ると
「HP」にも「攻撃力」にも影響が出る、
という鬼畜仕様。

それでも難易度は特別高いとは思わない。
普通にやれば普通にクリアできる。
そして三国志の武将の名前も覚えられる。
一石二鳥のゲームと言えるだろう。

8.最後に

というわけで、まだまだ紹介しきれないほど
名作揃いの「ファミコン」ソフト達はあり、
今でも十分楽しめる。
今のゲームを否定するわけではないが、
ゲーム性や操作性がどんどん複雑で、
頭空っぽじゃ出来ないのがほとんどだ。

かくいう「ファミコン」はというと、
何も考えずに軽い気持ちで出来るのがほとんど。

ストレス解消としてゲームするには、
ファミコン」ソフトは最も適している、
ような気がする。
今では「Nintendo Switch」でも
簡単に「ファミコン」ソフト作品が
遊べるので、とてもいい時代となった。

結論、進化することはとてもいいことなのだ。



その他の「雑談」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他の「ゲーム」記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング