面白いことを考えることこそ人生だ!

30代男子の考えるあれこれ

MENU

【雑談・ゲーム】定番か、マイナーか、名作か。ハマった「スーパーファミコン」ソフトを紹介したい、話

f:id:dunbine6000:20210208155219j:plainf:id:dunbine6000:20210208155301j:plain

0.前置き

小生のハマったゲームソフトに
ついて紹介する記事の第二弾。
今回は「スーパーファミコン」の
ソフトについて、書いていきたい。
通称「スーファミ」は、
ファミコン」の後継機として
任天堂」より発売された。
もう30年も前のことだ。
そんな昔のゲームだって
今でも十分楽しめる。
今やっても十分ハマる。
そんな「ソフト」を紹介していきたい。

1.ゼロヨンチャンプRR

www.youtube.com
PCエンジン用ゲームソフト
「ゼロヨンチャンプ」のハードを
スーパーファミコン」に変えた続編。
いわゆる「レースゲーム」であるが、
直線しか走らないため、
ステアリング操作はない。
その代わり、ギアチェンジや
クラッチ操作が必要となるため、
操作は結構複雑。
そして車を買うお金を
貯めなきゃいけない。
貯める方法はアルバイト。
そのアルバイトがミニゲームとなる。
種類は豊富で、麻雀や警備(RPG)など、
それだけで十分楽しめ、本編は放っておける。
いろんな形で長く遊べる
そんな作品である。

2.ゼロヨンチャンプRRーZ

www.youtube.com
ゼロヨンチャンプRRの続編である。
前作でゼロヨンのチャンピオンと
なった主人公が、体たらくの果てに
ドン底まで落ちて、そこからまた
チャンピオンを目指していくという
ストーリーである。
車種やコースが前作よりも増え、
メインストーリーもボリュームアップ
しているが、何よりも特筆すべきなのは
やはりミニゲーム(アルバイト)。
「アレスト」など、種類も増え、
ますますメインそっちのけになるってのに、
それに輪をかけ警備(RPG)のボリューム
がエゲツないこと山の如し。
ある程度進めると、異世界に飛ばされて
メインストーリーに戻れなくなる。
もはやどっちがメインなのかわからない。
それほど長く楽しめる
車ゲームは数少ないだろう。

3.セプテントリオン

www.youtube.com
高波によって転覆した豪華客船から
脱出するというアクションアドベンチャー
ザックリとした感想になるけど、
とにかく激ムズ。
自分が生き残るだけでなく、
生存者を助け、誘導しなければ
ならないのだが、まったく
言うことを聞かない。
時間制限もあり、
時間の経過によって船の傾きが変化し、
行けるところと行けないところが出てくる。
主人公(仲間)は人間なのでとにかく脆い。
ちょっとした高いところから落ちても
平気で死ぬ。
そして何処へ向かったらいいのか
全然わからない。
そういう意味では実際の転覆事故並みに
パニックになることができるので、
相当リアリティを楽しめるであろう。

4.ツインビー レインボーベルアドベンチャー

www.youtube.com
ツインビー」といえばいわゆる
縦スクロール型シューティングゲーム
のイメージが強いと思うが、
この「ツインビー」は横スクロールで
かつアクションゲームである。
スーパーマリオワールド」の
キャラが「ツインビー」版と言えば
とてもわかりやすいだろう。
移動も通常は「歩き」であり、
「飛ぶ」ことはもちろんできるが、
飛行時間は短い。
隠し通路、隠しアイテム、隠し面が
たくさんあり、やり込み要素も充実。
終始POPでキラキラした雰囲気で、
気分が明るくなること請け合い。




5.海釣り名人 スズキ編

www.youtube.com
読んで字の如く「釣りゲー」である。
海の暴れん坊「スズキ」を釣ることが
主な目的であるが、他の色んな魚が釣れる。
しかし「スズキ」以外は「外道」扱い。
「タイ」だろうが「サラワ」だろうが
どんなに釣っても何の意味もない。
ただひたすらに「スズキ」を狙って
「スズキ」を釣ることだけが全て。
時間帯やポイントで「アタリ」の頻度が変化し、
朝方、テトラポットの周り以外だと
全く「アタリ」が来ないなど、
リアルな釣りを再現されており
かなりシビア。
1〜2時間何にもないことなど
ザラにある。
リアリティを求める人はぜひやって見て欲しい。

6.ウルトラマン

www.youtube.com
原作に忠実に、怪獣を戦う
ウルトラマン」を操作する
格ゲーに近いアクションゲーム。
とにかくムズい。
相手の体力を全部削っても、
フィニッシュの「スペシウム光線」を
決めないと倒せない。
しかしゲージが最大まで溜まっていないと
スペシウム光線」を繰り出せない、
という鬼畜仕様。
格ゲー要素もあるが、
二人での対戦プレイは出来ない。
ただひたすらに一人孤独に
激強な怪獣を倒していく、
というトラウマゲームでもある。

7.シルヴァサーガⅡ

www.youtube.com
なんの変哲もない「RPG」である。
変わった点はあるとすれば、
「神像」と「傭兵」という
複数パーティーを選択できる
ところだろうか。
「神像」は魔法特化、
「傭兵」は打撃特化という
特徴があり、「神像」に
至っては合体するなどで、
オリジナルの「神像」が作成できる。
それ以外は何の変哲もないRPG
だけどなんかハマる。
ストーリーも普通だけど、
何かわからないけど
淡々と、ボーッとできる。
是非とも試してみて欲しい。

8.終わりに

以前の記事でも触れたが、
今では「Nintendo Switch」で
Nintendo Switch Online」に加入すると
気軽に「ファミコン」「スーパーファミコン
のゲームが楽しめる.
タイトルも段々と増えてきており、
小生が紹介した作品も追加される日が
近いのではないか、そう思っている.
そんな日が来るのを待ち焦がれなら、
今日も小生はこの現代という荒波を
乗り越えていくんだ。


ファミコン」ソフトを紹介した記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com

その他「ゲーム」の記事はコチラ↓
www.bystonwell-blog.com


人気ブログランキング